企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

企業は地震対策をどう見直したか (3/3ページ)

帰宅した従業員の報告ルール

~ルールが「ある」は25%、9%が「新たに構築」~

[1]ルールの設定状況
ルールの設定については、「(4)以前から報告ルールはなく、現在もないままである(ケースバイケース)」とする企業が最も多く71.4%と7割を超えました。

一方、何らかのルールを持つ企業は25.2%と全体の4分の1程度。内訳は「(1)以前は報告ルールがなかったが、新たに構築した」が9.2%、「(2)以前から報告ルールはあったが、変更した」が2.9%、「(3)以前から報告ルールはあり、見直していない」が13.1%でした。

規模別に見ると、ルールを持つ企業は、1000人以上15.8%、300~999人32.5%、300人未満24.2%であり、必ずしも規模が大きい企業ほど導入割合が高いとはいえない結果となっています。

[2]ルールをめぐる教訓と見直し内容

帰宅した従業員の報告ルールをめぐる教訓を[事例1]に示しました。「報告のルールを定めておかないと皆それどころではないので報告が来ないということが分かった」(化学、300~999人)などの声があり、日頃からルールを明確にし、意識づけることが求められます。

【事例1】帰宅した社員の報告ルールに関する教訓

【事例1】帰宅した社員の報告ルールに関する教訓

なお、実際にルールを設けている企業の内容は[事例2]のとおりです。これらを総合すると、下記の4点を明確にするべきでしょう。

(1)どの程度の震度の際に
(2)誰に
(3)どのような手段で
(4)何を報告するか

なお、(3)の報告手段については複数の方法があることが望ましいといえます。また、(4)の報告事項については、無事に帰宅したこと以外に、「家族の被災状況」「自宅の状況」および「翌日からの出社可能状況」なども盛り込んでおくと、翌日以降の稼働のめどが立ちやすいでしょう。

【事例2】帰宅後の報告ルールの内容

【事例2】帰宅後の報告ルールの内容

注)

*ここでは、一般財団法人労務行政研究所が2012年7月24~27日にかけて行った「地震対策とその改定に関するアンケート」をもとに、『日本の人事部』編集部が記事を作成しました。
詳細は『労政時報』第3830号(2012年9月28日発行)に掲載されています。

◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください→ 「WEB労政時報」体験版


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

新型コロナウイルス感染症に対し、半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている
『日本の人事部 人事白書2020』から、新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応についての調査を紹介します。
2020/05/20掲載人事白書 調査レポート
「季節性、新型インフルエンザについて」
正しく知って、正しく恐れる 社員の健康と会社の未来を守る感染症対策の要諦とは
今年も、インフルエンザの季節がやってきました。近年では、治療水準が飛躍的に向上し、国内で流行する季節性インフルエンザについては、その被害を最小限に抑えることが可...
2016/01/18掲載注目の記事
【産業医】
健康リスクを軽減する、職場のかかりつけ医
知られざる「健康経営」のキーパーソン
「産業医」の 醍醐味・やりがい、適性、収入やその仕事に就く方法などについて、エピソードとともに紹介
2014/11/28掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
実効性の乏しい対策では意味がない!
『SNS問題』に関する実務対策と規定・研修の見直し
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用者が急激に増加したことで、従業員が勤務先、顧客に関する不適切な内容の書込みや投稿をして問題になる事例が増えてい...
2014/09/22掲載人事・労務関連コラム
海外勤務者の安全対策の実態
一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取...
2013/10/21掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...