企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シーアールオー CRO

「CRO」とは、Chief Risk Officer(チーフ・リスク・オフィサー)の略、欧米企業で発祥した幹部役員職(執行役職)の一つで、日本語では「最高リスク管理責任者」「危機管理担当役員」などと訳されます。経営トップを補佐して、企業をとりまくリスク全般を一元的に管理する責任者のことです。多様化・複雑化が進むリスクへの対応や危機管理を全社横断的に行う統合リスクマネジメントの要としての役割が期待され、近年は国内でも導入する企業が増えています。
(2014/5/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CROのケーススタディ

一つの事件で会社が揺らぎかねない
多様化するリスクに横断的な対応を

たった一人の不心得な従業員による“バイトテロ”から、東日本大震災のような大規模災害、さらには海外の政情不安がグローバルビジネスに多大な損失をもたらすカントリーリスクまで、まさに“内憂外患”――企業はいまやさまざまなリスクへの対応を迫られる時代となりました。

リスクとは、危機に見舞われる機会、損失につながる可能性のことです。表面的には、まだ何も起こっていない状態ですが、リスクにはかならず原因や環境要因(ハザード)があります。それがリスクを拡大、顕在化させ、損失をもたらすのです。企業がさらされるリスクが多様化・複雑化しているのは、すなわちビジネスの現場が多様化し、それぞれの環境にリスク要因が遍在すること、また個々の要因が複雑にからみあっていることを意味します。

しかし、ともすると部門・部署間のセクショナリズムの壁が個々の現場のリスク要因をおおい隠し、組織全体で共有することを妨げがち。一つの事件・事故が企業全体を根底から揺るがしかねない時代にあっては、リスクそのものより、会社がそれを認識していないことのほうが深刻な危機といわざるを得ません。リスクとその要因を把握できなければ、適切に対応し管理することもできないからです。

これまで多くの企業では、全体計画の中で社内のリスクを一元的に統合管理することはなく、各部門・部署にまかせ、それぞれのリソースの枠内でリスク管理を行っていたのが実態ではないでしょうか。しかしそうした手法には限界が見えてきました。連結子会社や海外の協力会社、同一ブランドを共有する関連企業なども含め、全てのリスクへの対応をトップダウンかつ全社横断的に行う、統合リスクマネジメントの体制が求められているのです。その最高責任者が「CRO」(チーフ・リスク・オフィサー)です。

CROは、企業がさらされているリスクを洗い出し、対応すべき優先順位を付けます。対策を立てて事業計画にリスク計画を組み込み、必要なヒト・モノ・カネを配分します。経営リソースの配分においては当然、全体最適が徹底されなければなりません。CROを置く場合、企業のリスクマネジメント体制は、CROを最高責任者として、その指揮下に数名のリスクマネジャーからなるリスク管理部署を置く全社的な統括機構と、現場である各部門・部署の管理体制の2階層に分けて、構築されるケースが一般的です。リスクマネジャーには、CROと現場のパイプ役として、各部門・部署のリスク管理責任者と密接に連携し、リスク情報の収集や意識付け、教育の実施などの働きかけを行うことが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
クライシスマネジメント
「クライシスマネジメント」とは、企業が事業継続や組織そのものの存続を脅かすような危機的状況(クライシス:crisis)に直面した際に、組織としてその被害を最小限に抑えるために行う一連の活動および対処法のことです。発生の確率は低いものの、ひとたび起これば組織への影響が甚だしい重大なリスク――例えば地...
シャドーIT
「シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第49回 「リスクマネジメント」の時代~その具体的対処法(前編)
従来、リスクマネジメントは部署ごとに対応していたが、昨今はリスク要因が多様化しているため、全社的な視点による管理が重視されるようになっている。それに応じて、人事部に求められる役割も大きくなってきた。 今回は、リスクマネジメントを進めていく際の考え方とポイントを...
2011/09/12掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第50回 「リスクマネジメント」の時代~その具体的対処法(後編)
『前編』では、リスクが多様化・複雑化した中でのこれからのリスクマネジメントのあり方について記した。 今回の『後編』では、リスクマネジメントの具体的な進め方について、また、 事故や事件が起きてしまった場合に被害を最小限に留めるための方法について、解説していく。
2011/09/16掲載人事マネジメント解体新書
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...