企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ファブレスケイエイ ファブレス経営

ファブレス(fabless)とは、製造や組み立ての工程・設備を自前で持たないこと。fabは「工場」を意味するfabrication facilityの略です。メーカーでありながら、自らは工場などを所有せず、独自に企画・開発した商品の製造を外部企業に委託する経営スタイルを「ファブレス経営」といいます。製造設備や人員を調達・保有するリスクを回避し、限られた経営資源を企画・開発、デザイン、マーケティングなど高付加価値分野に特化・集中できるため、特に資本力に劣るベンチャー企業などが市場に参入する場合に有効なビジネスモデルといわれます。
(2014/4/25掲載)

ファブレス経営のケーススタディ

モノをつくらないモノづくりの新しい形
コスト負担を軽減し市場の変化にも即応

米アップルでは生産設備を保有せず、自らは商品の企画・設計に特化し、製造を中国・台湾企業に委託するというビジネスモデルをとっています。これが、同社の高収益体質の源泉として知られる「ファブレス経営」。もともと“シリコンバレー発”の経営手法で、同地に集積する半導体関連のベンチャー企業に広く採用され、発展してきました。

半導体製造業界では技術が日進月歩で向上するため、大規模な設備投資や維持費を要するわりに、製品のライフサイクルが他の業界に比べて短いというジレンマを抱えているからです。工場を作っても、減価償却する前にまた新しい製造ラインの建設を迫られる――そうしたリスクを回避するために、資金力の乏しいベンチャー企業の多くがファブレス経営を導入しています。

これはいわば“モノをつくらない新しいモノづくり”。製造を外部に委託することで、設備投資や人件費を含めた設備維持に関するコスト負担を軽減するとともに、需要の変化に応じたタイムリーな生産調整を容易にします。また、設計開発や販売などに注力できるため、小規模な人員で大胆かつスピーディーな経営戦略をとれるのも大きなメリット。現にアップルは、新製品を市場投入する際、発売直前まで設計変更を重ねた上で、一気に数百万台単位での量産にとりかかります。優れた委託先工場とのパートナーシップによるファブレス経営を選択していなければ、同社の今日はなかったでしょう。

経営のスピードアップや環境変化への柔軟な対応が求められるのは、いまやIT業界に限ったことではありません。ファブレス化のメリットに活路を求め、日本国内でも幅広い分野の企業がこれを採用しています。玩具・ゲームメーカーの任天堂もその一つ。流行の移り変わりが激しいゲーム機市場において、同社が「ニンテンドーDS」などのヒットを量産し、業界に確たる地位を築くことができたのも、ファブレス化を徹底し、資金や人材、時間などを開発に集中投入したからだといわれています。

また、食品分野でよく知られるのは、缶コーヒーが売上全体の50%以上を占める飲料メーカー、ダイドードリンコの事例です。同社は1975年の創業以来、一貫してファブレス形態での経営を追求してきました。その戦略の特徴は商品の生産を委託する一方で、経営資源を企画・開発と地域に密着した自動販売機網の拡充に集中していること。同業他社にない自販機の開発と質の高い自販機オペレーション体制の構築によって、競争力を高めています。売上全体の9割以上を、販売数や価格の安定した自販機での売上が占めるというユニークで収益性の高い同社のビジネスモデルは、ファブレス経営の可能性を示す好例といえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ジュニアボード制
ジュニアボードとは、若手・中堅クラスの社員が企業経営の諸施策に関して具体的提言を行う“擬似役員会”のこと。柔軟で斬新な発想を取り入れて企業変革を促す、若手・中堅社員の経営中枢への参画意識を高める、意思決定の経験を通じて次世代リーダーの育成をはかる…などの目的で導入されるマネジメント手法です。
経営デザインシート
「経営デザインシート」とは、内閣府の知的財産戦略推進事務局が作成した、企業が将来を構想するためのフレームワークです。20世紀は良いものを作れば売れる時代でしたが、21世紀は体験や共感が求められるようになりました。無形資産がより多くの価値を生む時代へと変遷しているのです。知的財産をビジネスモデルと適切...
アウトソーシング
従来社内で行われていた業務や機能の一部あるいは全部を、外部の専門会社に委託すること。主にコストダウンやコア事業へのリソース集中を目的としています。

関連する記事

柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第36回 「経営理念」を実現する人材マネジメント(前編) ~「経営理念」の作成・浸透が、強い人と組織を作る
厳しい経営環境の中、コスト削減やIT化・合理化で生き残りを図ろうとする企業は少なくない。しかし、それで果たして企業の活力は生まれてくるのだろうか?こんな時代だからこそ、経営者の思い、何より「経営理念」が人と組織にもたらす効果は大きいと考えられる。特に、勢いのあ...
2010/04/19掲載人事マネジメント解体新書
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

業界別の売上高人件費率
近年の業界別の売上高人件費率の推移を教えていただけますか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...