企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジンケンリスク 人権リスク

「人権リスク」とは、企業が事業活動を通して、労働者、消費者、地域住民といったステークホルダーの人権を、直接的あるいは間接的に侵害しかねないリスクのことです。よりコストの安い途上国への生産移転や国境を越えたサプライチェーンの拡大が加速する中、企業が配慮しなければならない人権問題は多様化・複雑化しています。人権団体の批判も厳しさを増し、児童労働や過重労働など人権を軽視した労働実態が発覚すれば、企業イメージを大きく損ないかねません。欧米より人権意識が希薄といわれる日本企業にとって、経営を揺るがしかねない人権リスクへの取り組みは喫緊の課題といえます。
(2014/2/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人権リスクのケーススタディ

企業の責任はサプライチェーン全体に
関心を集める人権デューデリジェンス

先進国の消費者が安くて質のいい製品を手にできるのはグローバル化の恩恵――しかしその裏で、生産現場の劣悪な労働環境を放置してきた企業の社会的責任が、厳しく問われ始めています。一つの契機となったのは、1997年に世界的なスポーツ用品メーカーの生産拠点で発覚した人権問題です。東南アジア各地の工場で、児童労働や低賃金・長時間労働が横行していた実態を国際NGOが告発、同社製品の不買運動や訴訟問題にまで発展しました。また昨年バングラデシュで縫製工場が崩落し、1000人以上の犠牲者が出た事故は記憶に新しいところですが、人命を軽視した危険な現場で作られていたのもやはり海外ブランドの衣料品でした。

日本企業も例外ではありません。近年、日本企業の海外子会社や委託先の生産現場でも、労働者の人権が脅かされているとして抗議行動が起こったり、NGOから批判を受けたりするケースが増えています。自社が直接、人権侵害を行わなくても、サプライチェーンの川上から川下までのどこかに問題があれば、結果的に人権侵害に“加担”したとして責任を問われるわけです。国連も、企業活動に起因する人権問題を改善する責任は企業の側にあるという指針を策定。企業には、グローバル化による成長の代償として、海外の取引先まで労働者の人権を守ることが求められているのです。

こうした中、企業が増大する「人権リスク」を特定し、防止し、トラブルに対処するためのしくみである「人権デューデリジェンス」への関心も高まっています。人権デューデリジェンスの考え方は、2008年に国連事務総長特別代表のジョン・ラギー氏がまとめた「人権の保護、尊重、救済の政策フレームワーク」において提唱されました。ラギー氏の定義によれば、人事デューデリジェンスとは、人権に関連する悪影響を認識し、防止、対処するために企業が実施すべきステップであり、そのプロセスは、人権に関する方針の策定、企業活動が人権にもたらす影響の評価、パフォーマンスの追跡や開示などによって構成されます。10年に発行された社会的責任に関する国際規格ISO 26000にも人権デューデリジェンスの考え方が大幅に取り入れられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
オフショアリング
自社で行われている業務プロセスの一部、またはすべてを海外の専門企業に移管・委託すること。
CRO
「CRO」とは、Chief Risk Officer(チーフ・リスク・オフィサー)の略、欧米企業で発祥した幹部役員職(執行役職)の一つで、日本語では「最高リスク管理責任者」「危機管理担当役員」などと訳されます。経営トップを補佐して、企業をとりまくリスク全般を一元的に管理する責任者のことです。多様化・...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
社員の評価者となる管理職はどれくらい訓練されている?成果主義を導入した企業の「考課者研修」の実態とは?
年功ではなく、仕事の成果を重視する処遇制度では、現場の管理職が部下の社員を公正・透明に評価することが、基本中の基本です。もし、成果をあげていると思われていた人が低い評価になったり、意外な人が高い評価になったりすると、職場に違和感が広がって、社員の士気は下がり、...
2006/10/16掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...