企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガイコクジンケンシュウギノウジッシュウセイド 外国人研修・技能実習制度

開発途上国への技術・技能・知識などの移転を目的として、18歳以上の外国人を日本企業に受け入れる制度。帰国後、彼らが母国の経済発展や産業振興の担い手として活躍できるように設けられ、日本の国際貢献のための重要な政策とされてきましたが、受け入れ企業の悪用が後を絶ちません。
(2007/6/18掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人研修・技能実習制度のケーススタディ

酷使される研修・技能実習生の影に厳しい雇用の実情
3省が独自の改正案を提示するも、調整は難航する見通し

外国人研修」とは、1年間、受け入れ企業において技能習得を中心とした「実務研修」と、主に座学で日本の生活習慣や文化などを学ぶ「非実務研修」を行うものです。在留資格はあくまでも「研修」なので、就労は禁止されています。残業や休日出勤はもちろん、賃金も支払われることはありません。労働者として扱われないため、労働法規も適用されません。生活に必要な資金は研修手当として支給されます。

研修期間修了後、雇用契約を締結し、2年間技能実習生としてより実践的な技能の習得を目指すのが「技能実習制度」で、技能評価制度のある62職種114作業が対象となります。この制度を適用された技能実習生は労働者に該当し、通常の労働者同様、労働法規や各種保険関係法令・年金の支払いなどが適用されます。また、労働の対価として賃金の受給が可能となります。

1990年に改正し運用されている現行制度は、開発途上国からニーズの多かった汎用性の高い技術・技能などが移転しやすくなりました。それと同時に、日本の中小企業にとっても、外国との接点が生まれ、事業の活性化に役立つようになりました。しかし、この制度が拡大した理由は、日本人には「きつい・汚い・暗い」と敬遠される業種の、年々深刻化する労働者不足です。特に日本の縫製業や製造業、農・漁業といった中小企業は、この制度なしには存続できないのが実情です。

そんななか、受け入れ企業において、研修・技能実習生に対する不正労働の実態が次々と明らかになってきました。

こうした事態を受け、2007年5月、厚生労働省は制度の改正案を提出しました。「研修期間は全面廃止にし、実習期間に一本化するべき」というもので、厚生労働省幹部は「劣悪な労働条件で働かされても、研修期間中は労働法の適用外。保護する術がない」と主張しています。政府は09年の通常国会までに関係法案を作る考えですが、調整は難航する見通しです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
トライアル雇用
公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。

関連する記事

マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
2016/06/10掲載よくわかる講座
研修の準備と段取り
研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
2012/10/12掲載よくわかる講座
研修会社の選び方
自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポ...
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
今春入社社員(学卒)の研修期間の残業
毎々お世話になります。早速ですが、現在新入社員の研修(集合研修、技術研修)を実施しています。 研修期間中の時間外の取扱いについて残業扱いとなるのか否かについて確認したく問い合わせいたします。(実態としては、日々30分~1時間未満) 研修期間中は、労働ではないから残業扱いにはならないと過去に聞いた事が...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...