企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウナイベンゴシ 企業内弁護士

「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応するため、近年、企業内弁護士を採用する企業が急増しています。国内の企業内弁護士の数はここ10年で10倍増、2013年12月時点で初めて1000人を突破しました。
(2014/9/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業内弁護士のケーススタディ

リスク拡大を受けて急増、10年で10倍に
企画開発など現場での法的チェックにも対応

法曹人材としての高度な専門性を企業の中で活かす「企業内弁護士」の採用が広がっています。日本組織内弁護士協会(東京)の調査によると、2013年12月時点で、全国560社に1080人の企業内弁護士が所属しています。04年3月の調査では56社・109人でしたから、企業内弁護士を採用している企業の数、所属する弁護士の数とも、10年前の10倍に広がっています。

従来、国内における企業と法曹人材との関係は、法律事務所に所属する外部の弁護士と顧問契約を結び、訴訟などのリスクが顕在化した時点で対応を相談する「顧問弁護士」の形態が一般的でした。現に、5年前の09年に実施された日弁連の調査では、調査対象となった企業の9割以上が、企業内弁護士の採用について消極的な姿勢を示し、その理由として4社に3社が「顧問弁護士で十分」と回答しています。それがなぜ一転して、企業内弁護士に注目が集まっているのでしょうか。

小泉改革以降の規制緩和により、企業はコンプライアンス経営の強化徹底を求められるようになりました。グローバル化の進行は、海外企業との取引やM&A(合併・買収)を拡大。社内では労使間トラブルも増えています。多様化・複雑化する法務リスクに、より迅速かつ内密に対処する必要性から、法体系全般に関する理解と実務を修得した弁護士を社内に抱えるメリットが高まっているのです。企業内弁護士の採用というと、10年前は外資系金融機関が大半でしたが、近年は国内企業にも広がり、業種を問わず採用が急増。20年には3000人以上にまで伸びると予測されています。

企業内弁護士に求められる役割も多様化し、法務部門の統括や訴訟対応に従事するだけでなく、最近は企画や商品開発など法務部以外の部署に配属されるケースが増えています。日頃から現場の専門領域に関わることで、法的なチェックをよりスムーズに行き届かせ、業務全般に反映させるためです。ヤフーでは、雇用する企業内弁護士の半数以上をコーポレート政策企画本部など基幹部門に配置。三井住友銀行もストラクチャードファイナンス営業部、法人営業部などに配属しています。

増えているとはいえ、日本の全弁護士に占める企業内弁護士の割合はまだ約3%にすぎません。米国では、新人弁護士のおよそ15%が企業に雇用されています。日本でも司法制度改革を受けて、弁護士人口が急増。同業者間の競争が激化し、法律事務所は余剰人員を抱えていると言われます。そうした“供給側”の事情もあるだけに、企業に活躍の場を求める弁護士人材が、今後さらに増えることは間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
従業員が亡くなった際の企業の対応
お世話になっております。 タイトルの件で質問させて頂きます。 正社員の従業員が亡くなった際、企業側は遺族に対し、弔慰金等の特別贈与を行うケースがあると思います。 企業の規定によって有る無しはあると思いますが、今回社内規定を変更したいと思っております。 その際の平均額や金額はどのくらいになるのでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。