企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施(労務行政研究所)

INDEX[表示/非表示]

厳しい経営環境が続く中で、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。見直しの対象となるのは、人事・等級制度や賃金・賞与制度といった社員の処遇を決定する根幹となる制度だけでなく、退職金・年金制度、人事評価制度、労働時間・休暇制度、さらには人材育成・能力開発や健康管理に関する取り組みなど多岐にわたる。

本調査では、各社がどのように制度の整備を進めているのか、各社の現状と今後に向けた方向性を明らかにすることを目的として人事関連制度の実施ならびに改定状況を聞いた。

ポイント

(1)人事・等級制度の改定:48.3%の企業が過去5年以内に改定を実施。職能資格制度・役割等級制度の見直しのほか、複線型人事制度の導入や職掌・職群設計の見直し、等級設計の見直しなど改定内容は多岐にわたる[図表2、事例2]

(2)基本給を形成する賃金項目:一般社員では67.2%の企業が能力給・職能給を適用。管理職には57.8%の企業で役割給を適用[図表3~5]

(3)賃金制度の改定状況:50.4%の企業が過去5年以内に改定を実施。管理職層、一般職層別の制度見直し、賃金項目・諸手当・賃金レンジの見直しなど改定内容は多岐にわたる[図表6、事例3]

(4)賞与制度:75.0%の企業で業績連動型賞与を運用。一方、ストックオプションの導入企業は0.9%にとどまる[図表7、事例4]

(5)退職金・年金制度:42.2%の企業が企業型確定拠出年金を運用。規約型確定給付企業年金35.3%、ポイント制退職金制度31.0%と続く[図表8、事例5]

(6)人事評価制度:49.1%の企業が過去5年以内に評価項目・評価基準の見直しを実施。その内容としては、評価体系の改定、制度運用ルールの見直し、評価ウエート、評点分布の見直しなど[図表9、事例6]

(7)労働時間・休暇制度:半日年休制度を運用する企業は81.9%。ノー残業デー61.2%、リフレッシュ休暇51.7%と続く[図表10、事例7]

(8)雇用管理に関する制度:45.7%の企業で契約社員の正社員登用制度を運用。コース別雇用管理(総合職、一般職別)については37.9%、勤務地限定社員制度、早期退職優遇制度についてはともに26.7%の企業が実施[図表11、事例8]

※以下本文では省略

(9)人材育成・能力開発に関する取り組み:83.6%の企業で管理職昇格者・新任管理職の研修を実施。以下、通信教育(eラーニング)受講や勉強会参加への費用補助69.8%、経営幹部候補育成のための選抜型研修41.4%と続く[図表12、事例9]

(10)人材獲得、配置に関する取り組み:59.6%の企業でインターンシップを実施。次いで、自己申告制度が57.9%[図表13、事例10]

(11)管理職・専門職に関する制度:45.3%の企業でマネジメントを行わない専門職コースを設置(複線型人事管理制度を運用)。以下、降格制度35.8%、管理職昇進時の人材アセスメント22.6%と続く[図表14、事例11]

(12)グローバル対応に向けた取り組み:31.9%の企業で外国人採用を実施。次いで、新卒外国人(留学生)の採用が30.1%[図表15、事例12]

(13)健康管理に関する取り組み:87.8%の企業でメンタルヘルス対策を実施。以下、過重労働対策70.4%、健康教育や健康相談の実施51.3%と続く[図表16、事例13]

(14)その他の取り組み:内部告発(社内通報)制度、障害者雇用の取り組みを実施する企業はともに68.1%。ただし、障害者雇用の取り組みに関しては、300人未満の企業では36.0%にとどまる[図表17、事例14]

(15)今後の課題・検討事項:人事・評価制度の運用に各社工夫を凝らし検討する一方、過重労働対策やワーク・ライフ・バランス、「同一労働同一賃金」や「有期契約社員の無期雇用化」など法制度の動きに対応する迅速な取り組みが課題に[事例16]


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載

関連する記事

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
等級制度の実際
社内序列の基盤となる「等級制度」のしくみと種類にはどのようなものがあるか。それぞれのメリット・デメリットとは?
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座
等級制度とは
「等級制度」とは、従業員をその能力・職務・役割などによって区分・序列化し、業務を遂行する際の権限や責任、さらには処遇などの根拠となる制度だ。等級制度において従業...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
【用語解説 人事キーワード】
降格人事
バンド型賃金制度

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。