企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

長時間通勤は採用の合否に影響する?

健康に働いてほしいから…

気になる長時間通勤と採否の関係

採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外からの通勤が多い首都圏などでは、発生しやすい問題といえる。

勤務地に近い都内に転居できませんか?

「通勤のことも聞かれましたが、十分可能ですと答えました。一番ありがたいのは新幹線通勤なんですが、そこまで贅沢は言えないので…。実際、うちの近所からも都内に通勤している人はけっこういますよ」

Sさんに面接の様子を聞いたところ、やはり自宅からの通勤は大丈夫か、という質問をされたそうだ。Sさんの自宅は首都圏郊外。応募しているT社は都心部だが、ターミナル駅から地下鉄に乗り換えれば通勤できるエリアに本社がある。

「T社までは2時間ちょっとかかりますけど、大学の時も都心まで通っていましたからね。人事の方からは、もう少し会社に近いところに転居する予定はないのかと聞かれましたが、都内で一人暮らしをするとなると部屋代もかかりますし…基本的には実家から通いたいんですよ」

実はT社に応募する際にも、私とSさんの間では通勤についての話が出ていた。その時には、「仕事に慣れてきたら転居するかも…」と言っていたのだが、本心では極力自宅から通いたいと思っていたようだ。

「了解しました。企業が一番重視するのは候補者のスキルや人物像ですから、通勤時間がネックになることはおそらくないと思いますよ。結果が分かり次第ご連絡します」

Photo

私はそういって電話を切った。

数日後、T社からSさんの合否の連絡がきた。結果は不採用。人材紹介会社には理由もあわせて教えてもらえるのだが、Sさんについては「同じポジションの他の候補者との比較検討の結果」とのことだった。

「そうですか…まあ、仕方ないですね」

T社をかなり気に入っていたSさんだったが、切り替えは速くほとんどひきずらなかった。まもなく、同じ都内でSさんが利用しやすいターミナル駅に勤務地がある別の企業への転職が決まった。

終電の時間が気になる現場の感覚

「もちろん他の候補者の方と比較して総合的に判断した結果ですから、決して通勤時間のことだけはないと思いますよ」

後日、T社の人事マネジャーに聞いてみると、不採用の連絡の時と同じ答えが返ってきた。しかし、総合的に…ということは通勤に関することも多少は入っているのは間違いないだろう。

「人事では居住地を判断材料にすることはないんですが、現場の部長が気にした可能性はありますね。当社の場合、業種的に繁忙期にはかなり残業があるので、現場では、終電の時間を気にしないで残業を頼める人の方が助かる…という判断をしたのかもしれないです」

結局、企業が居住地を気にするケースの大部分はこれだろう。実際、勤務地から近いエリアに転居した社員には特別に住宅手当を割増で支払うところもある。

「そうなんですよね。毎月の交通費も遠距離通勤の場合、かなりの額になります。それを住宅手当として社員に支給すれば残業が必要な時にも遠慮なく頼める…というメリットがありますから」

T社の人事マネジャーも、そうした制度を導入している企業のことは知っていた。もし、T社が同じような制度を取り入れていたら、Sさんも都内に転居していたかもしれない。

「長時間通勤は社員の健康への負担も大きいでしょうし…。体を壊す、あるいはストレスの原因になって業務に差し支える…といったこともあると思います。社員の健康は企業にとっては重要ですから、当社も通勤制度について検討した方がいいのかもしれないですね」

Photo

もちろん、住宅手当を支給されても、家庭の事情などで転居できない人は多いだろう。また、最初は近くに住んでいても、郊外に持ち家を購入したことで途中から長時間通勤になってしまうケースもあるはずだ。いずれにしても、実際に2時間以上かけて都心まで通勤している人は珍しくないのが実情だ。

「郊外だと周囲も皆、長時間通勤してますからね。そういう環境で育つと東京まで多少遠くても通うのが当たり前という感覚になるんですよ…」

勤務地のことを相談した時の、Sさんの言葉が私の頭の中によみがえってきた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

政治経験者の再就職
多くの候補者がしのぎを削る選挙だが、もちろん当選するのはそのうちの一部。落選した場合は、新しい仕事を探すことになる。しかし、一般企業への転職活動の際には、政治活...
2017/11/02掲載
健康経営と人材紹介
従業員の健康を大切にすることで会社の収益性を高める、「健康経営」が注目を集めている。企業は既存の社員だけでなく、新たに採用する社員の健康にも気を配るようになりつ...
2017/10/02掲載
地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載

関連する記事

多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...