無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

マタハラを克服すれば企業は強くなれる
人事担当者が知るべき、本当のマタハラ対策とは(前編)

NPO法人 マタハラNet 代表理事

小酒部 さやかさん

根っこにあるのは二つの旧弊――性別役割分業と長時間労働

私たちマタハラNetでは、寄せられた数多くの被害相談の内容をもとに、マタハラを四つの類型にまとめました。マタハラはまず“加害者は誰か”によって、個人型と組織型に分かれます。個人型は、主に直属の上司や同僚によるマタハラのこと。旧法はこれに対応していませんでしたが、企業に防止策を義務付けた改正法では、上司や同僚の言動による嫌がらせも規制の対象に含まれます。一方、組織型とは、本来マタハラを防ぐはずの経営層や人事部が加害者となる、組織ぐるみのマタハラ。私の場合がそうでした。個人型は(1)「昭和の価値観押しつけ型」と(2)「いじめ型」、組織型は(3)「パワハラ型」と(4)「追い出し型」にそれぞれ分かれ、計四つのタイプに分類されます。

マタハラのタイプ

(1) 「昭和の価値観押しつけ型」は、「子供のことを第一に考えないとダメだろう」「君の体を心配して言っているんだ」「旦那さんの収入があるからいいじゃない」などの言葉の後に、「だから、辞めたら」と続くパターン。女性は妊娠・出産を機に家庭に入って、家庭を優先すべき、それが幸せの形だと思い込んでいることから起きてしまうマタハラです。要するに、「性別役割分業」の意識が染みついているわけですね。ここに、マタハラの根っこの一つが見てとれます。加害者の多くは、そうした古い価値観に凝り固まっているがゆえに企業改革の妨げになりがちな、40~50代のいわゆる“粘土層管理職”。彼らは“間違った配慮上司”とも言え、「妊娠した女性に精神的・肉体的に厳しい仕事をさせるのはかわいそうだ」「家庭を持つ女性が夜遅くまで残業するのは気の毒」などと勝手に気を回し、女性側の意思は無視して仕事からはずしたりしてしまうのです。

 良かれと思ってやっているのでしょうか。

価値観が異なるだけで、悪意はありません。だからこそ、逆にやっかいな存在だともいえますね。(2)の「いじめ型」は、妊娠・出産で休んだ分の業務をカバーさせられる同僚の怒りの矛先が、会社ではなく、「迷惑」「自己中」「ずるい」などの言葉とともに、妊娠・育児中の女性に向かってしまうケースです。勝手に妊娠したのに、なぜフォローしなければいけないの!? と。その同僚たちの怒りや不公平感の裏にあるのは、「ただでさえ忙しいのに……」という思いでしょう。余裕がないから、気持ちもささくれてしまう。そう、「長時間労働」こそが、マタハラのもう一つの根っこなのです。日本には「長時間働けて一人前」という労働観がいまだにはびこっています。妊娠や育児でそれができない女性に対して、会社がそれでも長時間労働を強制するのが(3)の「パワハラ型」、職場から排除しようとするのが(4)の「追い出し型」です。

小酒部 さやかさん NPO法人 マタハラNet 代表理事

 産休・育休中のフォローで、同僚に多大なしわよせが及ぶ問題については、「逆マタハラ」とまで言われます。

マタハラNetが最近行った企業の意識調査によると、約7割の企業で、産休・育休を取得する社員が出ると、その社員の業務は周囲の社員が負うことになる労働環境にあり、代替要員も入ってこない状況だと分かりました。これでは「逆マタハラだ!」との声が上がるのも無理はありません。とはいえ、入社1、2年目の若手が抜けるのであれば、代役は派遣社員や契約社員でも務まるでしょうが、勤続年数10年以上の中堅やベテラン社員が抜けたりすると、外から人員を補ってもフォローできないですよね。どうしても、まわりがフォローせざるを得ない状況になるんです。問題なのは、フォローする社員へのインセンティブをどうするかという視点が抜け落ちていること。そこがすごく大切だと、私は考えています。評価や報酬にきちんと反映されているかというと、ほとんどの企業が現状では何もしていない。長時間労働を是正するととともに、ここに目を向けない限り、マタハラも、逆マタハラもなくならないし、ケアハラへも連鎖するでしょう。誰かが休むたびに、職場が疲弊するという状況が続くわけですから

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
テレワークハラスメント(テレハラ)
ケアハラスメント(ケアハラ)
カスタマーハラスメント(カスハラ)
アウティング
就活セクハラ
スメルハラスメント
ジェンダーハラスメント
スモハラ
セカンドハラスメント
ジタハラ