無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?
「労働時間」と「休日日数」の最新実態

日本の企業の問題点として、しばしば指摘されるのが、「労働時間が長い」ということです。労働基準法で「使用者は労働者に休憩時間を除き1週間について週40時間を超えて労働させてはならない」と週40時間制が謳われ、また「年間労働時間は1800時間」との目標を含む時短促進法も制定されましたが(同法は2006年3月に期限切れ)、今、企業の労働時間の実態はどうなっているのでしょうか? 年間休日の日数はどれくらいあるのか――主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます(注参照)。

主要企業の年間労働時間は1897時間12分、年間休日は119.9日

ここでは、調査対象の企業について、(1)主要企業(2)中堅・中小企業の2つに分けます。主要企業とは、全国証券市場の上場企業および店頭登録企業と、それに匹敵する非上場企業(資本金5億円以上で従業員500人以上)の会社です。一方、中堅・中小企業は先の主要企業以外の非上場企業で従業員100人以上の会社です。

では、表(1)(2)(3)をごらんください。

主要企業の1日当たりの労働時間(本社)

これらは、主要企業の労働時間と休日日数をまとめたものですが、2004年度の各企業の本社における1日当たりの所定労働時間(休憩時間を除く)は平均7時間45分。休日日数は年間119.9日となっています。

主要企業の年間労働時間(本社)

年間の所定労働時間は1897時間12分。これを基に、1ヶ月当たり(12分の1)と1週当たり(52分の1)の労働時間を単純計算すると、それぞれ158時間6分、36時間29分となります。労働基準法の週40時間制はクリアしています。

主要企業の年間休日の日数(本社)

1000人以上と1000人未満の企業を比較してみると、前者のほうが年間の労働時間が短く、逆に休日は多くなっています。1000人未満の企業では年間労働時間が1900時間を超えているのに対して、1000人以上規模では1800時間台で、休日日数でも2日以上の差があります。

「週40時間制」へ完全に移行して時短の取り組みも一段落?

労務行政研究所では1975年度から同様の年間労働時間の調査を行っています。その推移を見ると、労働時間短縮に向けた労使の取り組みは1990年代初頭まではバブル経済の好況にも支えられて積極的に行われ、「時短元年」と言われる89年度には一挙に20時間も短縮されました。その後も徐々に時短は進み、93年度には1899時間5分と調査開始以来初めて1900時間を切りました。そして2000年度以降、年間労働時間は1900時間前後を推移しています。週40時間制へ完全に移行し、時短も一段落したと言えるかもしれません。

休日の日数についても75年度から同様の調査を行っていますが、その75年度の年間休日は98日と、100日を切っていました。しかし、その後、週休2日制の定着を背景に休日日数は着実に増加し、97年度には120日に達しました。95年度以降は119から120日台で推移しており、大きな変動は見られません。1年間のうち、ほぼ3分の1が休日となる計算です。

主要企業に比べて年間休日が2.1日少ない中堅・中小企業

主要企業の年間労働時間は1890~1900時間台、休日の日数は120日前後ですが、では、中堅・中小企業はどうでしょうか。

表(4)(5)(6)をごらんください。

中堅・中小企業の1日あたり労働時間(本社)

従業員100人以上の中堅・中小企業における所定労働時間は、1日7時間39分、年間1888時間1分です。年間休日の日数は117.8日。表(1)(2)(3)に見た主要企業に比べると、年間労働時間は約9時間短く、年間休日は2.1日少ない結果となっています。

中堅・中小企業の年間労働時間(本社)

産業別に見ると、製造業が年間所定労働1922時間9分、年間休日117.6日。一方、非製造業は同1855時間37分、同118.0日です。年間休日についてはほとんど差がないものの、年間所定労働時間では工場部門を持つ製造業のほうが66時間も長くなっています。

中堅・中小企業の年間休日の日数(本社)

なお、労務行政研究所の5年前の同じ調査の結果と比べると、年間所定労働時間は約6時間増加し、休日の日数は1.1日減少しています。

注)
* ここでは、労務行政研究所が2004年6月9日から7月28日まで「2004年度労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」と題して行った独自調査に関する結果を基に、「日本の人事部」編集部が記事を作成しました。同調査の内容については、『労政時報』第3640号(2004年10月22日発行)に掲載されています。

* 同調査の対象は、全国証券市場の上場企業および店頭登録企業3627社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)360社の「主要企業」3987社。同時に、それ以外で抽出した非上場企業(従業員100人以上)の「中堅・中小企業」2339社。

* 表(1)~(6)は、労務行政研究所の調査結果をもとに「日本の人事部」編集部が作成しました。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
スーパーフレックスタイム制度
休業手当
時短切れ
ジタハラ
ノー残業デー
臨検監督
週休三日制
労働時間貯蓄制度
過労死白書
特別な休暇制度