無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

賃上げ元年における日本企業の課題

ウイリス・タワーズワトソン Work & Rewards日本代表 マネージングディレクター
森田 純夫氏

賃上げ元年における日本企業の課題

春闘を控えるこの時期(注)において経営トップが言及する賃金の上昇幅や、労使双方が賃上げに対して前向きであるという状況など、異例づくしの現在、少なくとも大手企業においては大幅賃上げが既定路線となりつつある。この状況によって浮き彫りになり得る、日本企業が抱える多くの課題を概観する。
(注:2023年2月執筆)

将来、2023年は賃金の観点からは大きな転機の年であったと振りかえられるのではないだろうか。春闘を控えるこの時期において経営トップが言及する賃金の上昇幅や、労使双方が賃上げに対して前向きであるという状況など、すべてが異例づくしといえる。少なくとも大手企業においては大幅賃上げが既定路線となりつつあるものの、この賃上げは日本企業が抱える多くの課題を浮き彫りにするきっかけにもなるのではないか。本稿ではその課題を概観したい。

01 中長期的な処遇の方針を打ち出せるか

春闘を控え、賃金の上昇幅をどの程度とするかについて、各社によるアピール競争の様相が呈されている。物価上昇のなかで従業員の生活を守ることを目的として、短期間のうちにこうした方向性が打ち出されたのは評価されるべきであるが、中長期的な展望を示すことができている企業は多くない。

社員の立場からすれば、今後自分の会社がどのように報酬を運営していくのかは、キャリア選択上有益な情報である。会社としては、中長期的な視点に立ち説明できるかがリテンション上の重要な課題といえる。

今回の賃上げに際しては、企業による体力の違いもあり、一過性の対応に終わる企業と、将来も見据えた方針を定め社員等に示すことのできる企業に二分されるのではないか。こうした説明においては、福利厚生や仕事・キャリアなども含めたトータルリワードの視点や雇用の方針も含めた全体像として示すことができるかも企業にとっての試金石といえる。

02 市場優位性を生み出すための戦略的賃上げに向けた方針を策定できるか

インフレ下での社員の生活を守ることが賃上げの目的であることは各社共通している。この目的のもと社員一律の賃上げという対応に留まるのであれば、報酬面での競争優位性を高めることは難しく、優秀な人材の採用やリテンションなどにおける効果は限定的である。

そこで、今回の賃上げを他社に対する報酬上の優位性を築く機会と捉え、原資を重要人材に重点的に配分することが考えられないか。昇給原資を概念上2つに分け、インフレ対応として幅広い社員に適用する底上げとしての原資を確保したうえで、重要人材に特別な原資を設け市場優位性を確保する。実際、このような敏捷・柔軟な動きを取る企業とそうでない企業とで施策に違いが表れつつある。

ただ、「初任給最高〇〇万円」「新卒年収最高〇〇万円」といったアドバルーンを上げている企業であっても、既存社員への配慮から戦略的な運用が実践できていない企業も少なくない。思い切った施策を講じている企業はまだ限られているのである。人材の流動性が低く報酬の市場原理が働かず水準が上がらない、と指摘される日本市場であるが、それはとりもなおさず、自社が他社を「出し抜く」余地がいくらでもあることを示唆するものである。

03 中間層の人員と報酬のあり方を見直すことができるか

経営者の報酬はここ10年で著しく上昇した。今回の賃上げ気運の高まりによって、若年層を中心とした賃金の底上げも期待される。

一方で、いわゆる中間管理職における水準のあり方が話題に上ることは多くない(例えば「部長で2,500万円到達」といった話はとんと耳にしない)。国際的にみても、日本の中間層、とりわけその上位層の報酬水準は低い *1(図1)。果たして、各企業において現場の中核的存在である中間層の報酬水準が現状のままでよいのか。

ただ、多くの大企業ではバブル世代の大量採用によって中間層の人員が膨らんでおり、中間層の報酬の一律引上げは考えにくい。スリムな組織や役割・職責に応じた処遇を徹底しつつ、重要な中間層人材の報酬競争力を確保できるか、複合的な視点が求められよう *2。この中間層の議論には、部下を持つマネージャーのみならず、部下を持たずに高い専門性を通じて組織に貢献するいわゆる「高度専門人材」の処遇改善もあわせて論じられるべきである。

日本(日本企業・外資系企業)、豪州、中国、香港、シンガポール、韓国、タイにおける年収水準の比較

図1. 年収水準の国際間比較
Source: WTW 2022報酬サーベイ

●データ基準日である2022年4月時点のレートで円換算(1ドル=126.37円)
●基本給・各種手当・賞与(基準額)を含み長期インセンティブを含まない

04 株式報酬を活用できるか

昨今、経営者のみならずその下の上級幹部層に対して幅広く株式報酬を付与する事例が徐々に増えている。日本における株式報酬の活用は明らかに一歩出遅れており、人材獲得上不利な状況に置かれている *3

株式報酬の付与は、自社の企業価値に対する意識の強化や総報酬としての競争力の確保を通じ、優秀な人材の確保につなげる効果が期待できる。株式報酬は、他社が踏み込んでいない今こそ、容易に差別化ができる一つの方策といえる。03で述べた中間層の報酬水準強化の一方策として考えることもできよう。

05 現場の状況に即した報酬の意思決定が行えるか

日本の大企業においては、人事部を中心とした統一的な賃金管理が行われ、長期雇用や部門を越えたジョブローテーション等を実現するうえで機能してきた。一方で、ダイナミックに変化する人材市場やグローバル化も含めた事業・組織の状況を踏まえ、旧来の画一的な対応から脱却するのであれば、一元管理にも限界が生じる。各部門等でスピーディーな判断を行うために、現場への給与の決定権限の付与について、日本企業もそろそろ考えるべきときが来ているのではないか。

もし現場での運用を実行する場合、人件費を適切な範囲でコントロールするために、どのような形で各部門が原資の枠内で起案し、人事や経営が意思決定するのか、といったプロセスを整備しなければならなくなる。また、どの程度特例的な対応を許すのか、といったガイドラインも必要になる。こうした意思決定に要する知識をマネージャーに身に着けてもらうことも欠かせない。

報酬決定権限を現場に与えこれらの一連の基盤を整備することは、迅速かつ的確な報酬判断を下すことのみならず、日本企業におけるマネジメント力の強化に資するはずである *4

最後に

経営者に対しては、以前に比べて高額となった報酬に見合う形で業績の達成や成長が求められており、営業利益率やROE・ROICなどの利益率等の向上を目指すことが織り込まれていることも珍しくない。一方で、一律の賃上げや他社と横並びでのジョブ型人事制度の導入は、プラスの効果をもたらすどころか利益率の悪化を招くだけに終わり、目指す成長や事業戦略の実現を阻害しかねない。

一時的な利益率等の悪化は不可避としても、賃上げによる人材への投資を伴いながら、事業ポートフォリオの見直しや大幅な生産性の向上、新たな付加価値の創出などによって中長期的かつ非連続な成長を実現することができるか。日本企業は一つの正念場を迎えている。

脚注
*1 日本において、日本企業と外資系企業との間でも差があり、日本企業はさらに低い。
*2 中間層における重層的な階層構造や兼務を多発させる組織設計・人員配置などは、日本企業における非効率な組織運営の象徴といえ、スリムかつ迅速な意思決定を可能とする組織を実現するうえでの課題である。
*3 日本市場においても、外資系企業が厚みを持った株式報酬を提示し、人材獲得に失敗するケースが散見される。
*4 日本のグローバル企業において、海外幹部との間での報酬交渉に至るとき、本社の上司(日本人)が直接的に交渉に乗り出す場面は限られ、多くは人事等に任せている。マネジメントからの報酬の分離といえる状況は、グローバル管理における日本企業の一つの課題といえよう。

WTW(ウイリス・タワーズワトソン)

WTWは、企業に対し、人材、リスク、資本の分野でデータと洞察主導のソリューションを提供しています。
世界140の国と市場においてサービスを提供しているグローバルな視点とローカルな専門知識を活用し、企業戦略の進展、組織のレジリエンス強化、従業員のモチベーション向上、パフォーマンスの最大化を支援します。

私たちはお客様と緊密に協力して、持続可能な成功への機会を見つけ出し、あなたを動かす視点を提供します。
https://www.wtwco.com/ja-JP

HR調査・研究 厳選記事

HR調査・研究 厳選記事

? このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します このジャンルの新コンテンツ掲載時に通知します
フォロー

無料会員登録

フォローすると、対象ジャンルの新着記事が掲載された際に通知します。
利用には『日本の人事部』への会員登録が必要です。

メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

人事の専門メディアやシンクタンクが発表した調査・研究の中から、いま人事として知っておきたい情報をピックアップしました。

この記事ジャンル 給与・賞与・インセンティブ

無料会員登録

会員登録すると、興味のあるコンテンツをお届けしやすくなります。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
期待理論
ホステージ理論
給与、賞与、インセンティブ
源泉徴収
シャドウワーク
リストリクテッド・ストック
標準報酬月額
現物支給
スキャンロンプラン
トータル・リワード