企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リストリクテッド ストック リストリクテッド・ストック

「リストリクテッド・ストック」(Restricted stock)とは、自社の現物株式を役員などに直接付与する株式報酬制度の一種で、一定期間の譲渡制限を設定することにより、付与対象となる役員に中長期の企業価値向上に向けたインセンティブ付けを行うしくみです。「特定譲渡制限付株式」とも言われ、株式の付与にあたっては、「中期経営計画で定めた業績目標を達成すれば譲渡できる」といった条件がつけられるため、役員に対するリテンション効果や株主目線での経営を促す効果が期待されます。政府も、“攻めの経営を促す役員報酬”として「リストリクテッド・ストック」の導入を促進し、法制度の整備などに取り組んでいます。
(2016/7/7掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リストリクテッド・ストックのケーススタディ

“攻めの経営”促す、役員報酬は自社株で
中長期の企業価値向上に効果的な譲渡制限

日本企業の役員報酬は固定報酬が中心で、欧米企業に比べると業績連動報酬や株式報酬の割合が低く、かねてから業績向上のインセンティブが効きにくい状況にありました。2015年6月から上場企業に適用された企業統治指針「コーポレートガバナンス・コード」では、経営陣の報酬について、中長期的な会社の業績などを反映させたインセンティブ付けを行うべきとの原則が明記されました。これを受け、役員の報酬に自社株報酬を活用する動きが広がっています。

労働基準法の「通貨払いの原則」により、一般の従業員については賃金として自社株を付与することはできないものの、労基法が保護の対象としない役員については、非金銭的報酬も認められています。しかしこれまでは会社法の制約で、株式を無償発行することや労務出資は認められず、自社株そのものを報酬として直接付与することはできないと考えられていたため、代わりに株式そのものを付与したのと同様の効果を持たせる株式報酬型ストックオプション(株式購入権)が普及してきました。ただ、あらかじめ決めた価格で自社株を買えるストックオプションは、株価が上昇すればいつでも売り抜けられるため、目先の株価ばかりを追うことにつながりかねないというリスクがありました。

そこで、中長期的な企業価値向上に向けた、適切なインセンティブ施策として注目されているのが「特定譲渡制限付株式」、いわゆる「リストリクテッド・ストック」です。一定期間の譲渡制限をつけた現物株式を報酬として直接交付するため、長期保有につながり、株主と同じ目線に立ちやすくなります。今年4月には、16年度の税制改正および会社法の解釈の整理を経て、経済産業省から「リストリクテッド・ストック」導入の手引きが公表されました。また、企業が現物株を支給する場合には受け手の氏名や報酬額などを開示する義務が生じますが、これを不要にする規制緩和も検討されています。

伊藤忠商事は、連結純利益が3000億円を超えたときだけに自社株を付与する役員報酬制度を9月から導入する予定です。原則として取締役退任時に付与し、在任期間を通じて企業価値を高めるように促します。横河電機では、一定の業績指標で取締役の成績を評価し、付与する株数を決める制度を今夏にもスタート。三菱地所も、付与された株式は一定期間売却できないようにし、長期的な目線での株価向上を意識するよう働きかけるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

インセンティブ
業績に連動した報酬の意味を持つ「インセンティブ」。しかし昨今では、単なる金銭的な報酬に限定せず、自己実現やモチベーションアップにつなげる施策として、個人の価値観に着目したインセンティブ制度を導入する企業も増えています。ここでは、インセンティブ制度のメリット・デメリットをはじめ、制度設計の注意点や成功...
トータル・リワード
「トータル・リワード」(Total Reward)とは、従業員に対する報酬(=リワード)を総合的な動機づけのしくみと捉える考え方で、金銭的報酬と非金銭的報酬をバランスよく包括した報酬マネジメント体系を指します。働く人の価値観やライフスタイルの多様化に対応するためには、賃金だけでなく、仕事そのものの面...
ストック・オプション(自社株購入権)
Stock Option。自分が働く企業の株を一定期間内に、あらかじめ決められた価格で購入できる権利のことです。1920年代に米国で導入されたのが始まりですが、1997年の商法改正で日本企業への適用が全面解禁されました。業績に貢献した役員や従業員に対する報酬として活用する企業が増えています。

関連する記事

2013年役員報酬・賞与等の最新実態
労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」「業績連動型報酬の導入状況」を中心に、取り...
2014/06/16掲載人事・労務実態調査
常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こうした中、労務行政研究所では「役員の報酬・賞与、退職慰労金などに関する調査」を実施しました。本調査は1...
2008/08/08掲載人事・労務実態調査
本誌特別調査 2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所) 社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹介する。
2018/06/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

非常勤の役員報酬について
お世話になります。弊社には税理士の非常勤役員がいるのですが(監査役です)、今回毎月の報酬とは別に税理士としての業務に対して、報酬を支払うことになりました。この場合、この報酬は、「役員報酬」なのか「弁理士等報酬」なのか、ご意見をお聞かせ頂ければと思います。(この報酬は1回限りです)よろしくお願いします...
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
年休の分割付与
いつもお世話になっております。 年休の分割付与についてご教授ください。 入社日である4/1に5日付与し、6ヶ月後の10/1に5日付与する場合、行政通達により、2回目の付与時期・付与日数は、翌年4/1の11日付与となります。 初年度に分割付与した場合、次年度以降も分割付与できるのでしょうか。 (...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 報酬 ]
分類:[ 経営戦略 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...