無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HR調査・研究 厳選記事 掲載日:2017/07/10

“働き方改革”で注目を集める
勤務間インターバル 制度設計と就業規則

3 企業における導入事例

(1)各社での導入状況

勤務間インターバルの導入については、労働組合から時短要求の一環として求めるケースが多いと言えます。

そして、みずほ情報総研株式会社による「平成27年度厚生労働省委託 過労死等に関する実態把握のための社会面の調査研究事業 報告書(平成28年3月)」(以下、「みずほ情報総研報告書」という)では、民間企業(団体を含む)10,154社を対象に行ったアンケートに回答した1,743社のうち、勤務間インターバルを導入していると回答した企業は39社あり、そのうちインターバル時間を「7時間超8時間以下」とする企業が28.2%で最も多く、次いで「12時間超」が15.4%、「11時間超12時間以下」が12.8%という結果でした ※7

しかし、この勤務間インターバルに関しては現在法令上の規制が存在せず ※8、どのような制度設計とするのかは会社が自由に決めることができます。インターバル自体を強制的な就業制限とするのか努力目標に留めるか、就業規則などに定めをおくのか、対象とする従業員の範囲をどうするか、インターバルが翌日の始業時刻を超えた場合に翌日の就業時間や賃金をどのように設定するのかなど、様々な事項について検討する必要がありますが、会社の実情に応じて多様な制度設計があり得るところです。

以下では、広く新聞報道等がなされているKDDIにおける事例等について紹介します。

(2)KDDIの導入事例 ※9

KDDIでは、強制的な就業制限を伴うインターバルと、そこまではしないインターバルの2本立ての制度をとっています。

[1]就業規則の定め(8時間インターバル)

8時間のインターバルが経過するまでは就業を禁止し、前日の残業時間次第では、インターバルが翌日の始業時刻を超えることになります。その場合には、始業時刻を遅らせ、遅らせた時間に応じて終業時刻も同様に遅らせます。

[2]安全衛生管理規程の定め(11時間インターバル)

インターバルが11時間未満となった場合でも[1]のような強制的な就業制限まではしません。ただし、11時間未満となった日が1ヵ月あたり11日以上になった場合には、健康指導や産業医面談などの対応がとられます。

(3)その他の導入例

前記の通り、企業における勤務間インターバルについては、報道により知ることのできる導入企業および制度の概要の例を挙げると以下のようなものがあります ※10

勤務間インターバル導入企業の例
ユニ・チャーム 8時間以上
いなげや 10~12時間(休息が確保できる勤務表しか作成できないようシステムを変更)
三井住友信託銀行 9時間以上
JTBグループ 9~11時間
メタウォーター 11時間
NEC 勤務が午後11時30分以降の場合、翌日の出勤を1~2時間遅らせられる。
ホンダ 12時間以上

※7:みずほ情報総研報告書47頁

※8:ただし、労働者がタクシー、トラック、バスといった自動車の運転者の場合には、勤務終了後一定の休息期間を与えることが求められている(平成元年労働省告示第7号、改正平成11年労働省告示第29号、平成13年国土交通省告示第1365号)。

※9:2016年4月6日付け日経情報ストラテジー、情報労連ウェブサイト

※10:その他にも、三菱重工業、シャープ、西日本鉄道、立山科学グループ、サガミチェーン、AGSなどで勤務間インターバルの採用が報じられている。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
まだらテレワーク
ブリージャー (ブレジャー)
ハドルミーティング
GビズID(gBizID)
労働安全衛生法
分断勤務
ABW
人手不足
高度プロフェッショナル制度
キッズウィーク