企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エービーダブリュー ABW

「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、ABWの実現に向けて「オフィスのあり方」を再定義する企業も増えており、業務に応じたオフィスデザインの工夫も進んでいます。(2019/1/18掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ABWのケーススタディ

オフィスに来なくても働ける中で
あらためて考える「オフィスのあり方」

「会社に行かなければ仕事ができない」時代が終わりつつあります。ノートPCやスマホ、タブレットなどが普及し、だれでも簡単にネットワーク上でつながれるようになったことで、同じ空間にいなくても一緒に業務を行ったり、会議に参加したりすることができるようになったからです。

こうした仕組みを活用し、近年では、自宅やカフェなどでリモートワークを行う人も増えています。その日の予定や業務内容に応じて最も効率よく働ける環境を選択することで、生産性の向上も期待できるでしょう。働き方改革に多くの企業が取り組む中で、こうしたABWの考え方が注目されています。

企業がABWを導入することで得られるメリットは、生産性向上に限りません。例えば、コスト削減。出社して働く従業員が少ない企業では、一人ひとりに固定席を与える必要がありません。フリーアドレス制を導入して席数を減らせば、オフィス面積を縮小し、家賃を抑えることもできるでしょう。また、自由な働き方を認めることで、社外に向けたPR効果も期待できます。他社と差別化ができれば、その企業で働きたいと感じる人が増え、優秀な人材の採用にもつながるかもしれません。

ABWを、オフィス内で実現しようという動きも進んでいます。業務の内容に合わせて、通常の執務デスク以外にスペースや机を選択できる企業が増えているのです。例えば、より作業に集中して取り組める個人ブースや、アイデアを出し合う際にリラックスできるソファのある打ち合わせスペース、気軽にコミュニケーションをとれるラウンジや、テレビ電話ミーティングができるスペースなど。目的に応じて利用できる複数のスペースを用意し、場面によって使い分けることで、オフィス内でもより効率的に働けるようになります。


どこでも働けるようになる中で、オフィスには単に「働く場所」としてではない、新たな価値が求められています。自社のオフィスには何が必要なのか。どういった機能が求められているのか。単純に他社をまねるだけではなく、従業員の業務をしっかり分析しながら、要望を吸い上げていくことが、企業には求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
フリーアドレス
「フリーアドレス」とは、職場で社員一人ひとりに固定した席を割り当てず、在社している社員が仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使うオフィス形態、あるいはそうした制度を活用して柔軟かつ効率的に業務を進めるワークスタイルをいいます。「フリーアドレス」は和製英語で、米国では同様のコンセ...
B to E
「B to E」とは、Business to Employeeの略で、企業の従業員(Employee)向けに提供されるサービスのことです。企業間取引を指すB to B(Business to Business)や企業と一般消費者との取引であるB to C(Business to Consumer)な...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第75回 「働きやすいオフィス」の条件 ~生産性とコミュニケーションを向上させるオフィスとは?(前編)
仕事の生産性・効率性を向上させていく上で、「働きやすいオフィス」であることは大変重要である。一方で経営の観点からすれば、業務がいかにスムーズに遂行されるかが重要となる。つまり、この両方がバランスよく機能展開されていることが、理想的なオフィスと言えるのではないだ...
2014/10/20掲載人事マネジメント解体新書
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するキーワード

ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

信州リゾートテレワークフォーラムイン東京 高尾の森わくわくビレッジ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...