企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5001人以上の企業では配属先ごとに選考フローを分けるケースも

新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているかについて聞いた。全体では、「入社後の配属先をある程度意識して選考を行っている」(35.8%)という回答が最も多い。これに「入社後の配属先を強く意識して選考を行っている」(28.7%)と「入社後の配属先ごとに選考フローを分けている」(12.7%)を合わせると77.2%となり、8割弱の企業は程度の差はあるものの、選考時に配属を意識していることがわかる。

図:入社後の配属を意識した選考(全体)

図:入社後の配属を意識した選考(全体)

従業員規模別に見ると、5001人以上の企業では、「入社後の配属先ごとに選考フローを分けている」(31.3%)と回答した割合がかなり高くなっている。また、1~100人規模の企業でも、「入社後の配属先を強く意識して選考を行っている」と回答した割合が37.6%と、4割近くにのぼった。

図:入社後の配属を意識した選考(従業員規模別)

図:入社後の配属を意識した選考(従業員規模別)

高く評価されて入社した人が、3年目に8割以上活躍している企業は、30.1%

選考で高く評価されて入社した人の中で、何割が3年後に活躍しているかを聞いたところ、「6~7割程度は活躍している」(27.5%)が最も多い回答となった。また、「全員が活躍している」
(7.3%)と「8~9割程度は活躍している」(22.8%)を合わせると30.1%となり、約3割の企業では、高く評価されて入社した人のうち8割以上が活躍していることがわかる。一方、「4~5割程度は活躍している」(15.4%)、「2~3割程度は活躍している」(6.5%)、「活躍している人は1割以下」(1.7%)を合わせると23.6%。選考で高く評価されて入社した人のうち、5割以下の従業員しか活躍していない企業も、4社に1社程度あるようだ。

図:新卒採用で高く評価されて入社した人の入社後の評価

図:新卒採用で高く評価されて入社した人の入社後の評価

配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い

結果をクロス集計し、選考時の配属への意識と入社後の活躍ぶりの相関関係を探る。際立っているのは、「入社後の配属先ごとに選考フローを分けている」と答えた企業の数値だ。「全員が活躍している」(13.3%)、「8~9割程度は活躍している」(26.7%)、「6~7割程度は活躍している」(31.1%)を合わせると71.1%となり、全体で見た数値(57.6%)より13.5ポイント高くなった。この合計数値は、「入社後の配属先を強く意識して選考を行っている」企業で62.7%、
「入社後の配属先をある程度意識して選考を行っている」企業で56.7%、「選考時点では入社後の配属先は特に意識していない」企業で45.7%と、徐々に下がっている。

図:選考時の配属先への意識と活躍の関係

図:選考時の配属先への意識と活躍の関係
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載
特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割
人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわ...
2019/08/06掲載
新入社員研修では、社会人として最低限必要なマナー・知識・スキルの習得を目的としている
新入社員研修の目的は「社会人として最低限必要なマナー・知識・スキル」の習得
2019/08/01掲載

関連する記事

2020年卒採用では、大学3年の6月以前に学生との接触を開始した大手企業が、大幅に増加
2019年卒採用において、選考に影響を与えることを前提に学生との接触を開始した時期を聞いたところ、最も多かったのは「2018年3月」で18.9%。「2017年6...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サー...
2019/06/12掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用向け採用管理システム」導入のポイントとおすすめサービス10選
業務効率化を図るとともに選考スピードをあげ、採用活動の質を向上させる「採用管理システム」について、導入する際に押さえておくべきポイントをまとめました。導入するメ...
2019/05/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月...
2018/08/30掲載注目の記事
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。