企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

勤務時間限定正社員/勤務地限定正社員/職務限定正社員
タイプ別 限定正社員の制度設計

野口&パートナーズ法律事務所 弁護士 野口 大/弁護士 大浦 綾子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
1 限定正社員の種類
ページ2
2 限定正社員と育児介護休業法
ページ3
3 「勤務時間限定正社員(短時間正社員および勤務日数限定正社員)」の制度設計
ページ4
4 「勤務時間限定正社員(残業免除正社員、深夜残業免除正社員、時間外労働制限正社員)」の制度設計/5 勤務地限定正社員の制度設計/6 「職務限定正社員」の制度設計
ページ5
7 転換制度/8 求人・労働条件明示
(この記事は、『ビジネスガイド 2017年12月号』に掲載されたものです。)

1 限定正社員の種類

正社員、限定正社員というのはそもそも法律用語ではありません。一般的に正社員という場合、無期契約で(1年等期間が定まっていない)、残業に応じる義務があり、勤務地にも限定がなく(転勤に応じる義務がある)、職務にも限定がない社員のことを指します。それとの対比で、無期契約ではあるが、残業義務がない、所定労働時間が短い、転勤に応じる義務がない、または、特定の職務のみに従事していればよい社員のことを限定正社員といいます。厚生労働省はこれを「多様な正社員」と呼称していますが、本稿では「限定正社員」を用いて解説します。

限定正社員の種類(バリエーション)については特に規制はありませんし、呼び名も統一されているわけではありませんが、一般的に次のような種類があります。またその中から複数の種類を組み合わせることも自由です(例 短時間正社員でかつ勤務地限定)。企業のニーズに応じて制度設計することとなります。

(1)勤務時間限定正社員

育児、介護、家事、その他で一定時間までに帰宅しなければならないというニーズや、仕事以外の趣味やボランティア等にも時間を割きながら継続勤務したい等のニーズに対応するものです。

なお、病気治療等、労働時間短縮よりも労働日数の短縮のほうが勤務継続しやすいというニーズもあり、その場合は勤務日数限定正社員を検討することとなります。

ビジネスガイド:勤務時間限定正社員/勤務地限定正社員/職務限定正社員タイプ別 限定正社員の制度設計

ア 短時間正社員
所定労働時間が正社員に比べて短い正社員です。
(例 所定労働時間が6時間の正社員)

イ 残業免除等正社員
所定時間外労働・深夜労働を免除されたり、時間外労働の制限が認められたりする正社員です。

ウ 勤務日数限定正社員
所定労働日数が正社員に比べて少ない正社員です。
(例 週4日勤務の正社員)

(2)勤務地限定正社員

育児、介護、家事その他の理由で、勤務地を一定範囲に限定したいというニーズに対応するものです。

転勤の範囲に一定の制限を加えるものであり、それを国内のみとするか、関西関東等のブロック内とするか、特定都道府県内とするか、特定市町村内とするか、通勤可能な範囲とするか(何分程度を通勤可能と定義するかは自由ですが、1時間以内とか1時間30分以内とする例が多いです)、特定の複数事業場に限定するか、特定の事業場のみとするか等、無数のバリエーションがあります。

ア ブロック限定正社員
全国をブロックに分け、当該ブロック内の転勤のみに限定する正社員です。
(例 関東ブロックを東京・神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬と定義し、関東ブロックを越える異動を行わない、という制限を加える)

イ エリア限定正社員
(例 自宅から1時間30分以内で通勤可能なエリア内で勤務するものとし、それを超えるエリアへの異動を行わない、という制限を加える)

ウ 事業場限定正社員
(例 事業場の変更を伴う異動は行わない、という制限を加える)

(3)職務限定正社員

特定分野の専門的知識を活かして当該特定分野に関する仕事のみに従事したい等のニーズに対応するものです。また、非正規社員の正社員化を目的とする場合にも、職務を限定するほうがスムーズなことも多いでしょう。

職務の変更の範囲に一定の制限を加えるものであり、どの程度絞り込むかによって無数のバリエーションがあります。

ア 職務を一定範囲に限定
(例 経理業務の定常業務のみを行う)

イ 特定の職務に限定
(例 法人顧客を対象とした営業業務のみに従事する)(例 商品の販売業務に従事する)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあり...
2018/05/17掲載

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(3)労働生産性の向上
「量」から「質」へと評価軸を転換し、高い生産性を実現するための課題と取り組み例を紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
ワーク・ライフ・バランスを実現するために求められる「働き方改革」
ワーク・ライフ・バランスの実現に不可欠な「働き方改革」で日本はどう変わる?これまでの雇用政策を刷新する政府の取り組みについて。
2017/03/31掲載よくわかる講座
限定正社員って何?
少子高齢化や景気の回復傾向などの影響で労働力の確保が難しくなる中、従業員の定着や採用力の向上を目指し、正社員と非正規社員の中間的な働き方が模索されています。職務...
2016/05/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
安藤至大さん:
これから日本の「働き方」「雇用」はどのように変化し、
人事はどう対応していけばいいのか(後編)
働き方の多様化が進む中、どのような雇用形態・働き方が求められるようになるのか。また、「年功序列型賃金」「新卒一括採用」などはどうなっていくのか。労働経済学を専門...
2015/08/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事辞典】
週休三日制
がん対策基本法
限定正社員
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス ANAの研修力

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...