企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

イマドキの若年労働者の就労意識(2/3ページ)

株式会社アイデム人と仕事研究所 所長 岸川 宏(きしかわ・ひろし)

2016/01/18

社会が成熟すると若者の成人への移行が緩やかになり、社会的な自立が遅れると言われています。「多くのモノを望まなければ、それなり暮らしていける」「親の庇護のもと一定期間暮らしていける」そんな環境は、“あくせく働なくても、暮らせればいい”という価値観・ひとつの生き方として、より多くの若者に支持されるようになって来たような気がします。

若者にキャリア教育を積極的に行うことも重要なことだと思います。

その一方で、企業においても、その多様な価値観に応える働き方を用意することが必須条件になって来ているのではないでしょうか。今後も続くであろう人材不足を解消していくには、新しい労働力の掘り起こしは必須のものです。

もともと、日本企業は、新卒一括採用を行い、長期雇用を前提に、職能資格制度によって自社の社員を育成してきました。今後は、社内で活躍・成長する人材を育成するための働き方は、無限定に働ける従来型の正社員である必要はないかもしれません。

我々の調査では、「仕事を通じたキャリア形成に対して前向きな姿勢を持っている若者が多い」と言う結果も出ています。

「働き方」への多様な価値観と、「キャリア形成」に対する価値観を分けて考え、組み合わせを行うことで、新しい労働力の確保にもつながっていくのではないでしょうか。

以下の調査結果から確認してみましょう。

働き方の志向

自身の“働き方”についての考えを大きく分けて2つのタイプに分類し、どちらに近いのかを聞いてみた。

○しっかり働きたい
:「自分のやりたい仕事」や「高い収入の仕事」であれば、大変な仕事(労働時間が長い、責任が重い、難易度が高い、体力をつかう等)であっても構わない

○そこそこ働ければよい
:「仕事」や「収入」に強いこだわりはないので、あえて大変な仕事(労働時間が長い、責任が重い、難易度が高い、体力をつかう等)をしたいとは思わない

結果は、
【A】初職が非正規(正規雇用経験なし)の者は「そこそこ働きたい派」41.4%
【B】初職が非正規(正規雇用経験あり)の者は「そこそこ働きたい派」34.7%
【C】初職から現在まで正規雇用のみの者は「そこそこ働きたい派」29.1%

■働き方の志向(就労経験別)

正規雇用経験が少ない者の方が「そこそこ」で良いという傾向となっている。さらにその理由について聞いてみると、最も多かったのは「趣味など働くことよりもやりたいことがあるから」で32.4%だった。次いで、「頑張って働いても、それに見合うお金は得られないから」25.8%、「そこまで働かなくても、生活に困らないから」21.3%と続いている

正社員での就労意向

現在非正規雇用で働いている者に、将来的に正規雇用で働きたいかを聞いた。「働きたい」59.9%、「働きたくない」11.6%、「わからない」28.5%と、約6割が「働きたい」という意向を持っていることが明らかになった。しかし、これを“働き方の志向別”で見ると、「しっかり働きたい派」のうち、正規雇用で「働きたい」者は74.8%に上る一方、「そこそこ働ければよい派」では46.4%に留まり、その差は30ポイント近く開いている。

■将来的に正規雇用で働きたいか(男女別/働き方の志向別)

将来的に正規雇用で「働きたくない」と回答した者に対し、その理由を聞くと、「労働時間や休日の融通が利かないから」49.4%、「労働時間が長時間だから」42.9%、「仕事の責任が重いから」41.6%が上位となり、拘束されることや責任を負うことに対して否定的な考えを持っていることがうかがえる。

■正規雇用で「働きたくない」と考える理由<複数回答>


次のページ
仕事に対する考え方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載
パート・アルバイトの経営理念への共感と定着の関係性
パート・アルバイトの定着やパフォーマンスの向上に欠かせないとして注目される「従業員エンゲージメント」。 経営理念の浸透が、従業員の定着にどのように関わっているの...
2019/05/27掲載

関連する記事

受入拡大迫る!外国人雇用よくあるトラブルと対応
減少する日本人労働者を補うためにも不可避となった外国人採用。 今回は、外国人を雇用するにあたって押さえておきたい注意点等について、トラブル事例をもとにお伝えいた...
2019/05/20掲載人事・労務関連コラム
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
既卒者を新卒扱いで採用する
3月に経済同友会は新卒採用に関する提言を発表しました。新卒採用の手法の一つとして、卒業後5年までの既卒者を新人として通年で採用、従来の新卒一括採用に既卒者も含め...
2016/11/10掲載新卒・パート/アルバイト調査
派遣スタッフへの対応
派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
2016/10/31掲載よくわかる講座
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...