企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

問われるインターンシップの在り方

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

3月1日を過ぎ、2016年度の就職活動が解禁されました。実質的に採用期間が短縮された初年度ということもあり、連日、合同企業説明会や街行く就活生の様子が報道され、熱気を帯びています。
企業側から見れば、学生にアプローチする機会も、学生を見極める時間も減少してしまった2016年度の採用活動。そこで大きな注目を集めたのが、「インターンシップ」です。
その実態を、実際にインターンシップに参加した学生への調査【「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2015年2月1日状況)」】から明らかにしていきます。

インターンシップとは?

そもそも、「インターンシップ」とは、<産学連携による人材育成の観点から、学生の就業体験の機会を提供するものであり、社会貢献活動の一環と位置付けられるもの>です。その観点から、5日間以上のプログラムが望ましいこと、広報活動解禁日以前には企業広報を含むプログラムは自粛するよう求められています。

また、その実施にあたっては、採用選考活動とは一切関係ないことを明確にして行う必要があり、実施に際して取得した個人情報は採用選考活動で使用しないことも、同時に求められています(日本経済団体連合会ホームページより)。

インターンシップ参加率、去年の3倍

就職活動の準備を始めている学生に、どのような準備・対策を行っているか聞いたところ、「インターンシップ」を挙げた学生は65.0%に上りました。2015年卒学生では、就職活動解禁約1ヵ月前のインターンシップ参加率は22.7%でしたので、その差は約3倍にもなります。

また、インターンシップに参加した回数は、「1回」29.4%、「2~3回」36.7%、「4~5回」14.4%、「6~10回」15.0%、「11回以上」4.5%と、7割以上の学生が複数回参加をしています。

■インターンシップに参加した回数(n=381)

図:インターンシップに参加した回数(n=381)

インターンシップの参加目的としては、「職業体験や社会人の雰囲気を知るため」36.2%、「企業・業界研究のため」33.3%が上位に挙がっています。また、「インターンシップ参加企業の採用選考を有利に進めるため」と回答した学生も15.5%おり、インターンシップがその先の採用選考と繋がっていることを感じている学生もいるようです。

■インターンシップの参加目的(n=381)

図:インターンシップの参加目的(n=381)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載HR業界TOPインタビュー
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載人事白書 調査レポート
オンラインでの新卒採用選考を成功させるには?
WEB説明会・面接ツールの選び方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、これまでWEBを活用していなかった企業も、オンラインで採用選考を進めなければならなくなりました。対面・...
2020/09/30掲載HRソリューションの傾向と選び方
新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...