企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

2016学生の傾向は?

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

2016年卒学生への広報活動解禁日は、従来の12月1日から3月1日に3ヵ月繰り下げられ、実質的な採用期間は短縮されました。短期化へどう対応するか、効果的な採用手法は何か、頭を抱えた企業も多いのではないでしょうか。
さらに、経済状況も好転の兆しを見せ始め、昨年よりも売り手市場となっています。企業は、採用期間の変化だけでなく、人材獲得競争の激化にも対応していかなければなりません。

一方、このような社会変化を受けて、当事者である2016年卒学生に何か変化はあるのでしょうか。今回は、「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年11月1日状況)」から、2016年卒学生が、2015年卒学生とどのような違いがあるのかを明らかにしていきます。

大手志向・安定志向 再び!?

昨年に引き続き、いや昨年以上に売り手市場が予測される新卒採用市場。その影響か、2016年卒学生の意識にも若干の変化が見られます。「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2014年11月1日状況)」では、学生を対象に、就職活動を行うにあたって大企業と中小企業のどちらを志望する気持ちが強いかを聞きました。

■企業規模に対する志向:前年比較

図:企業規模に対する志向:前年比較

結果は、「大企業」「どちらかと言えば大企業」が、合わせて55.3%に上りました。「中小企業」「どちらかと言えば中小企業」と回答した学生は、合わせて21.6%、「企業の規模は全く意識していない」学生は23.1%です。2015年卒学生を対象に行った調査の平均値と比較すると、2015年卒学生のうち、大企業志向(「大企業」+「どちらかと言えば大企業」の合計)の学生は47.9%でしたが、2016年卒学生では55.3%とやや高くなっています。まだ就職活動が本格化していないため、現実に直面していない学生の理想が反映されている可能性もありますが、昨年よりも大手企業への就職を希望する学生の割合は高いようです。

また、本調査では、学生に「キャリアアンカー」について聞いています。キャリアアンカーとは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士によって提唱されたキャリア理論の概念で、「自身のキャリアを選択する際に、最も大切で他に譲ることのできない価値観・欲求」のことを指します。本調査では、キャリアアンカーの下記8項目について、各5点満点で合計が25点となるように点数をつけてもらいました。それぞれ平均が3点とすると、全24点。25点にするには、どれか1つを4点にしなければならず、回答者が考える優先順位が、自ずと表れてきます。

■キャリアアンカー:前年比較

図:キャリアアンカー:前年比較
  1. (1)管理能力:組織の中で責任ある役割を担いたい/3.1点(3.2)
  2. (2)技術的・機能的能力:自分の専門性や技術を高めたい/3.7点(3.9)
  3. (3)安全性:安定的に1つの組織に属していたい/3.3点(3.0)
  4. (4)創造性:クリエイティブに新しいことを生み出したい/ 3.0点(2.7)
  5. (5)自律と独立:自分で独立したい/1.5点(1.5)
  6. (6)奉仕・社会献身:仕事を通じて社会を良くしたり、他人に奉仕したい/3.5点(3.6)
  7. (7)純粋な挑戦:解決困難な問題にも挑戦していきたい/2.8点(3.0)
  8. (8)ワーク・ライフ・バランス:個人的な活動、家族、仕事のバランスをうまくとりたい/4.2点(4.1)

※( )内の数値は、2015年卒学生を対象に行った調査の平均値

2015年卒学生の平均点よりも高くなったのは、「(3)安全性:安定的に1つの組織に属していたい」という意識。3.0点から3.3点と0.3点高くなっており、一番の増加幅です。また、「(4)創造性:クリエイティブに新しいことを生み出したい」という回答も、2.7点から3.0点に増加していました。その一方、「(2)技術的・機能的能力:自分の専門性や技術を高めたい」は、3.9点から3.7点へ、「(7)純粋な挑戦:解決困難な問題にも挑戦していきたい」は3.0点から2.8点へと、それぞれ0.2点低くなっています。

こうしてみると、2016年卒学生が2015年卒学生とどのように違うのかが少し見えてきます。前述の大企業志向者の増加や安定性を求める姿勢からも、“大手企業で安定的に働きたい”という意識が、2015年卒学生よりも強く滲み出ているように感じられます。その一方、自身を高めていこうとする意欲やチャレンジ精神は、少し影を潜めているようです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

筒井智之さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース 代表取締役社長):
「エンドユーザー」の意識・変化をつかむ
「情報提供」に取り組み続けた経験が今の自分をつくった
新卒採用メディアのスタンダード「ダイヤモンド就活ナビ」や「ダイヤモンドLIVEセミナー」。内定者フォローや新人研修をはじめとするダイヤモンド社の若手人材育成コン...
2020/10/21掲載HR業界TOPインタビュー
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載人事白書 調査レポート
オンラインでの新卒採用選考を成功させるには?
WEB説明会・面接ツールの選び方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、これまでWEBを活用していなかった企業も、オンラインで採用選考を進めなければならなくなりました。対面・...
2020/09/30掲載HRソリューションの傾向と選び方
新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...