企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14339件   回答数30473

勤務の区切りについて

お世話になっております。

勤務時間の区切りについて質問します。

所定労働時間が9時~18時の会社で、
「9時から勤務して翌日の朝10時まで勤務した場合、残業時間等の計算上、2日目の朝9時までの8時間を越える勤務時間を残業時間とし、2日目の9時~10時の1時間は通常勤務とする。」
これは、「始業時間(9時)~翌日の始業時間までの勤務時間を通算する」という事で理解していますが、以下の場合でも一勤務として通算するという認識でよいでしょうか。
「9時から15時まで勤務(休憩1時間とし勤務時間は5時間)して、明朝の5時から9時まで勤務(休憩なしとし勤務時間は4時間)した」この場合、合計9時間勤務となり、1時間は残業時間とする。
という事です。

この認識で正しいでしょうか。
宜しくお願いします。

  • えむえふごさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2007/10/03 17:53
  • ID:QA-0009968
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/10/03 23:25
  • ID:QA-0009971

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、行政通達におきまして「継続勤務が2暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも1勤務として取り扱い、当該勤務は始業時刻の属する日の労働として、当該日の1日の労働とする」とされています。

しかしながら、ご相談の事例では明らかに勤務時間が分かれており、継続の要件を満たしておりませんので、1勤務とはみなされません。

暦日で区分するという民法上の原則通り、「9時から15時まで」が1勤務、そして「明朝の5時から9時まで」が1勤務となり、別の日の勤務として各々取り扱う事になります。

  • 投稿日:2007/10/04 10:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

追加で質問させていただきます。
質問の例の場合、「継続の要件を満たしていない」との事ですが、継続の要件とはどのようなものになるのでしょうか。

宜しくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/10/04 11:09
  • ID:QA-0009974

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

継続の要件ですが、文字通り「勤務時間が途切れなく連続している」ということです。

勿論休憩時間を挟むことは差し支えございませんが、ご相談の件の場合、2つの勤務の間に14時間も空いていますので、連続性は認められません。

  • 投稿日:2007/10/04 19:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

継続要件について、再度質問させてください。

例えば「3時間の休憩」などは連続性は認められますでしょうか。

明確な基準はなく、一般常識的な範囲で、判断すれば問題ないでしょうか。

宜しくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/10/04 22:44
  • ID:QA-0009982

オフィス代表

ご質問有難うございます

再度のご質問頂き有難うございます。

休憩時間についてですが、法令上その上限については規定はございませんし、休憩時間を挟む継続性につきましても具体的な基準があるわけではございません。

しかしながら、明文規定は無いものの休憩時間を必要以上に長く設定する事は拘束時間を長くする為、労働者保護の観点から好ましくないというのが一般的な解釈のようであり、私も同じ見解となります。

従いまして、業務上やむを得ない場合を除き、3時間の休憩は長すぎるといえますし、そのような休憩の取り方も含め拘束時間の長い勤務が頻繁に発生するようであれば、労働環境の悪化を招き重大な影響を御社並びに労働者に与えかねません。

こうした労働の場合は、適正な人事管理の観点からも休憩を入れず勤務終了とし、暦日が変わる時点で別の労働者に交代させるべきでしょう。

尚、勤務の継続性の問題ですが、微妙なケースの場合最終的には所轄労働基準監督署の判断となりますので、事前に確認される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2007/10/04 22:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説



インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...