無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

管理職の深夜労働への支払い

一般職が平日に通常時間を勤務した後、継続して労働し深夜残業をした場合には、「時間単価×1.5×深夜時間」の超過勤務手当を支払いますが、管理職が深夜労働を行った場合には、「時間単価×0.25×深夜時間」の計算による支払いで宜しいのでしょうか? 又、休日の深夜労働を実施した場合にも、同様に0.25の割り増し部分の支払いで宜しいのでしょうか?
実は、弊社では3年前より深夜残業を行った管理職には、1.5の支払いを実施してきました。0.25の支払いで問題ない場合には、そのような支払いに変更したいと思います。割り増しが0.25のみの支払いで問題ないか、今後の訂正が可能か、お教え下さい。

投稿日:2007/09/12 11:42 ID:QA-0009712

ユキさん
東京都/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

申し訳ございません。
この相談への回答はありませんでした。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
年次有給休暇管理簿のテンプレート

労働基準法改正により、2019年4月からすべての企業で「年次有給休暇管理簿」作成・保存が義務付けられました。
ここでは年次有給休暇管理簿のExcel形式テンプレートをご用意。自社に合わせてカスタマイズしてご利用ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード