企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

休業時の給与支給(月給者)について

いつも参考にさせていただいております。
コロナウイルス関連の休業に際して、
給与計算と助成金の申請を担当することになりました。
月給者の休業控除と、休業手当について教えてください。

当社の状況
①従業員はシフト制での勤務
②人により月の労働日数が違う
③休業控除の方法は、
休業した日数を数えて控除する方法ではなく、
出勤した日数分を支給する方法
→月給×出勤日数÷所定労働日数(年間を12か月で割り平均の数字を用いています)

出勤日と休業日を足しても月の平均所定労働日数に届かない月があった場合、
2日や3日休業すると、どうしても控除額が多くなります。

例)Aさんの場合【月の平均所定労働日数を20日とする】
給与…月30万
5月の勤務日数…19日(出勤15日、休業4日)
休業手当(平均賃金1万/日の6割)…6000円/日

・計算方法
30万×15日÷20日=22万5000円
→休業控除=7万5000円となります
プラス、休業手当4日分=2万4000円を支給

代表からは上記方法で計算するように言われているのですが、
もし休業した日を数えて控除する方法であれば、
30万×4日÷20日=6万の控除となるのに、
出勤した日数を数えたために、
差額1万5000円が多く引かれる結果となります。
これで休業手当が5日分支給ならわかるのですが、4日分しか支給しないとなると、
従業員にとって不利益にならないのでしょうか。
代表に何度確認しても、休業していたのだから、出勤した分しか払わない、と言う答えです。

この方法で雇用調整助成金がもらえるのかも心配です。

ご教示いただけましたら幸いです。

投稿日:2020/06/13 17:49 ID:QA-0094178

*****さん
東京都/ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/08
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...