企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14821件   回答数31698

残業者への食事補助について

当社は機械設備の製造・販売業で、愛知県を中心に複数の事業所を保有し、各工場で生産しており技能職も少なからず在籍しております。なお県内の事業所の正社員は、同一の当社の労働組合に加入しています。
①既に30年以上前から残業食として、残業申請者(2H以上)に対し菓子パンと牛乳等を無償で提供しています。空腹を支援するためと思います。
②この間に複数の子会社と合併し現在の事業所がありますが、親会社が残業食を運用しているため公平感 を保つため、当時の各社の労働組合の要請もあり技能職の多い事業所毎で同様に運用しています。実際は設計・事務の人間も食しています。
③当日の残業申請書を当日の午前11時で締切り人数を確定させ、馴染みのあるパン業者一社に頼み、事業所・部門毎にパン・牛乳を仕分けさせて代表の事業所へ16時頃納品させ、各事業所の庶務社員が毎日受取りに来ます。
④しかしながら、健康面で菓子パンで良いのかということで人事部健康部門で問題提起をしましたが、栄養素の高いパンを当日の残業部門の人数毎に区分けして納品することはパン業者から出来ないと言われました。
⑤当社には食堂設備がありますが、夜間は運営していません。
⑥また本社や東京・大阪等の営業拠点では、技能職はおらず残業食自体を運用していません。

そこでご質問ですが、残業時に腹がすくなら出勤前にコンビニに寄って自分の好きなものを買って来れば良いこと。技能職がいる事業所だけに残業食の制度があるのは不公平。残業時間削減が叫ばれている中、大昔からの制度を維持したくない。近隣他社においても稀な制度と考える。
 これらを理由として、この制度を廃止したいと思いますが、既得権を取り除くとなると給与面等で何かしら補填しないとマズイでしょうか。
先生方にお伺いいたします。
■何か良いアイデアがありましたらご教示願います。
■また特別に注意する点がありましたらご指摘お願いいたします。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/09/26 15:49
  • ID:QA-0079317
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 21:44
  • ID:QA-0079333

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、長年続いている制度という事であれば、一方的に会社側で打ち切られるという措置では理解が得られないものといえます。

但し、当該支給内容を拝見する限り、随分昔に考えられた福利厚生的な施策であること、夕食として支給されるには不十分なものであること、残業を前提とした支給であることから、見直しを図られることにも合理性があるものといえるでしょう。

対応としましては、文面内容にも少し見られますが残業時間の削減をまず前提とされる事で、状況を見ながら各事業所において段階的に支給を止めていくといった方策が考えられます。つまり、御社における働き方改革を進める一環としまして、残業ありき→パン等の支給といった旧来の状況を変え、健康増進を進める勤務態様へと変えていく方針を会社としまして強く打ち出されるべきといえます。勿論、各々の現場事情もあるはずですので人筋縄ではいかない可能性もございますが、今日における社会的要請でもありますし、そもそも残業がなくなれば不要な制度ですので、これを機会に全社的な見直しを進めるチャンスと捉えて取り組まれる事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/09/27 09:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

会社内だと立場により意見が変わります。先生の大局的なご意見は大変参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/27 07:28
  • ID:QA-0079339

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

残業食の廃止

本職がかかわっている企業でも、10年前までは8時以降残業している者(事前申請不要)は、好きな店屋物を取っていいという制度がありました。しかし、無用な残業を助長しているという理由で、廃止しました。その代り、カフェテリアプランのポイントを年間で2万ポイント加算しました。
現在は、朝8時前に出勤する社員に、パンを支給しています。
公平性と残業縮減意識の醸成の観点で廃止でよろしいと思いますが、
対策として、
・残業縮減または労働の効率化施策が打たれていることが納得性を高めます。
・朝食支給に切り替えることも有効です。始業の1時間前までに出勤した者のみ対象。業者に前の晩に納品させます。
・単なる廃止なら、その原資をもとに、仕事の効率化提案を募集し、報奨金とするのはいかがでしょうか

  • 投稿日:2018/09/27 09:46
  • 相談者の評価:参考になった

カフェテリアの導入は長年検討しています。廃止案にご賛同いただけたことは大変心強いです。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/27 14:03
  • ID:QA-0079368

人事・経営コンサルタント

残業管理

本件は食事補助ではなく、残業管理の課題と拝察いたします。残業があることを前提として制度はそれ自体無理があり、そもそも残業無しで済むような体制作りを目指すのが筋です。
もちろん完全に無くすことは不可能でも、残業を常態化させない努力は有給取得率向上と合わせ、重大な経営課題でしょう。
菓子パンの栄養面での問題は当然疑問視されるべきことですが、代わりの食事は恐らく確実にコストアップするはずです。給食制度などでまかないきれない以上、残業が無くなる(減る)方向に行くことが何より優先であり、結果として菓子パン支給はやめても合理性があります。

  • 投稿日:2018/10/11 15:51
  • 相談者の評価:参考になった

残業無しは難しいですが、あるべき論をめざします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...