企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15191件   回答数32724

最低賃金について

産業別最低賃金が適用される場合、その業種で働く事務職の方にも適用されるのでしょうか?

  • jindaさん
  • 栃木県
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/04/11 13:21
  • ID:QA-0070091
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/11 21:13
  • ID:QA-0070102

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、原則として事務職の方も産業別最低賃金の適用対象となります。

全業種共通で適用除外とされる労働者につきましては、
・雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中の者
・清掃又は片付けの業務に主として従事する者
と定められています。

  • 投稿日:2017/04/12 16:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

再度、最低賃金の適用範囲を考えようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/11 22:32
  • ID:QA-0070103

代表者

事務職は適用対象外

▼ 特定最低賃金のことだと思いますが、地域別最低賃金より高い最低賃金を定める必要があると認められる特定の産業に限って設定され、当該産業の基幹労働者にのみ適用されるものです。
▼ 基幹労働者は、関係労使で決めます。事務職は、基幹労働者(当該産業に特有・主要な業務に従事する労働者)と認められることはなく、依って、適用対象外となります。

  • 投稿日:2017/04/12 16:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

再度、最低賃金の適用範囲を考えようと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/13 14:46
  • ID:QA-0070132

社会保険労務士法人SRグループ 代表

一般的な事務職については、特定(産業別)最低賃金の適用対象となります。

特定(産業別)最低賃金については、事務職にも適用されます。
特定最低賃金は、特定の産業に限って設定される最低賃金で、業種に関わらず全ての労働者に適用される地域別最低賃金とは異なり、その産業の「基幹的労働者」に適用されます。
基幹的労働者は、以下を除く労働者になります。

・18歳未満又は65歳以上の方
・雇入れ後一定期間未満の技能習得中の方
・その他当該産業に特有の軽易な業務に従事する方

この適用除外のケースのうち、「その他当該産業に特有の軽易な業務に従事する方」についてですが、具体例としては、北海道で特定最低賃金の対象業種にあたる「鉄鋼業」では、「清掃、片付け、整理、雑役又は炊事の業務に主として従事する者」、「みがき又は塗油の業務に主として従事する者」になります。
都道府県ごとに、適用業種や適用除外となるケースが細かく異なっておりますので、ご質問で想定されている「事務職」が「当該産業に特有の軽易な業務に従事する方」に該当するかどうか、各都道府県労働局へ確認してみるとよいでしょう。

いわゆる一般的な事務職(営業事務、貿易事務等)については上記の該当せず、特定最低賃金の適用対象となります。

  • 投稿日:2017/04/18 10:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

具体的な説明と、事例を挙げて頂き大変分かり易かったです。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...