企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12417件   回答数25757

営業所長降格者への役職名

3人の営業所なのですが、長期にわたる営業成績不振により、「営業所長」より「営業所次長」へ降格し該当者も納得しています。
対外的な通知(例えばHPでの異動情報、名刺等)に営業所次長ではなく、降格だと思われないような役職名はありませんでしょうか?

  • 投稿日:2016/09/20 17:06
  • ID:QA-0067564
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/09/20 23:56
  • ID:QA-0067577

人事・経営コンサルタント

考え方

役職名は貴社の考え次第で自由に付けられますので、よくある手法は英語にする、職位名にするなどがあり得ます。
英語名はブランチマネージャーやアリアマネージャーなどで、職位は主事、主幹、参事などがあります。
ただし、そもそも降格を明確にしたくないのであれば、減俸だけにするとかボーナス査定を落とすなどの手もあるのではないでしょうか。

  • 投稿日:2016/09/21 13:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/09/21 00:10
  • ID:QA-0067579

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

対外的な呼称であれば、任意に決められる事で差し支えございませんので、「営業所長」以外の呼称でかつ御社で正式に設置されている役職と同名でない限り、如何なるものでも原則可能といえます。

例えば、「営業管理者」「営業所マネージャー」「営業職長」等々が考えられますが、やはり現場の状況をよく知る御社自身で考えられた方がよいでしょう。但し、正直余り労力をかけるような問題とはいえませんので、呼称選定は早々に済まされるべきと考えます。

  • 投稿日:2016/09/21 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/09/21 12:33
  • ID:QA-0067586

代表者

表見代理のリスクを頭の片隅に

▼ 対外上、特に営業上の必要性、対象社員のプライド乃至自尊心と呼称乱発に伴う人事制度上の問題と法律上のリスクなど、本件は、正解の見つけにくい問題です。直接、呼称名は御社ご自身の判断にお任せしたいと思いますが、ご参考に、関連する可能性のある法的問題だけ差上げておきたいと思います。
▼ 法律上の問題とは、表見代理のリスクです。名刺上のタイトルから、相手が、その権限について、実際には無いにもかかわらず、あたかも付与されているがごとく、善意かつ無過失に誤解、錯覚し、重大な契約をした場合は、その契約は有効とされるリスクは付いて回ることです(民法109条、110条)。

  • 投稿日:2016/09/21 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...