企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

教育プログラム修了時に受け取る還付金の扱いについて。

弊社グループでは、社員が自己のキャリア形成を支援するための教育プログラム制度を活用することができます。
プログラムは大きく分けて、育成プログラムと自己啓発プログラムがあります。
それぞれの目的は、育成プログラムは現在の業務上に必要な知識の習得。自己啓発プログラム自己啓発援助です。両プログラムとも事前に社内申請し、上司の承認が必要です。
ご質問は、①会社がいったん教育団体に受講料を支払います。②翌月、本人の給与口座から受講料が天引きされます。③プログラム修了時に本人が申請し、本人の給与口座に還付金として、育成プログラムは受講料の100%(会社負担)、自己啓発プログラムは受講料の50%(会社負担50%)が振り込まれます。

育成プログラムとして本人の給与口座に14,040円が還付金として振り込まれた所得は給与所得でしょうか。それとも雑所得でしょうか。何卒、ご教示ください。

投稿日:2015/11/17 14:25 ID:QA-0064191

経理担当者さん
埼玉県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、本人から天引きすると自体が、問題となる可能性もあります。

なぜなら、育成プログラムが業務上必要なものであれば、それは、会社が負担すべきものであり、社員が負担すべきものではないからです。

また、自己啓発プログラムが、受講自由ということであれば、受講料は会社がいったん、立て替えておき、あとから、立て替え分、天引きということは、賃金控除協定を締結し、そのことが明確になっていれば可能です。あとから、50%を補助するのであれば、それは労働の対価では、ありませんので、福利厚生費として扱うのが通常です。

投稿日:2015/11/18 13:24 ID:QA-0064201

相談者より

ご回答ありがとうございます。
弊社グループの通信教育制度の受講要領には、
修了証明書類の受付をもって、還付金をご本人の給与振込口座へ入金いたします。
中途解約・変更はできません。学習を中断しても受講料は戻りません。と記載されています。
ご指摘いただいた賃金控除協定が労使で協定されていれば問題ないわけですね。確認します。

投稿日:2015/11/25 12:41 ID:QA-0064278大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容の還付金につきましては元来当人の給与の一部であって、結果的に当人が一時立て替えていたものを還付されたに過ぎません。それ故、給与所得としての課税対象となるものといえるでしょう。但し、給与天引きが絡んだ特殊な事案ですので、専門家である税理士にも確認されることをお勧めいたします。

ちなみに、こうした受講料の給与天引きについては労働基準法上の賃金全額払いの原則に反する措置になりますので、労使協定において定めるか少なくとも事前に当人の同意を得て行われる事が必要です。

投稿日:2015/11/19 20:05 ID:QA-0064213

相談者より

再度、労使協定を確認いたします。ありがとうございました。

投稿日:2015/12/09 14:27 ID:QA-0064454大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
復職プログラムの工賃について
現在休職中の従業員に復職プログラムを受講してもらっていますが、プログラムを受講することで1日100円程度の工賃が発生するようです。この工賃は本人の口座に振り込まれる予定となっているようなのですが、そのまま本人の収入としてしまっても問題はないのでしょうか?
会社が負担した自己啓発に係る費用の給与所得課税について
お尋ねします。 当社では、以下の自己啓発について実施を検討していますが、会社が負担した費用は給与所得として課税されるでしょうか。 また、会社が負担する方法(直接払いか否か)によっても異なることはあるのでしょうか。 1.自己啓発の内容は、会社が指定しない。(業務関連性の有無は問わない。) また、各自...
英語で学べるマネジメント研修について
英語で学べるマネジメント研修を探しております。MBAレベルまでは求めておらず、通学形式で長くても半年程度で学べるプログラムを検討しています。また、エリアとしては横浜~東京で求めています。 何か良いスクールやプログラムがありましたらご教示いただきたく、お願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 社員研修・人材育成の実務(4)教育研修の計画・準備・段取り
    教育担当者と運営事務局の実務に役立つチェックポイントを網羅
  • 5. 新入社員研修の企画・導入のポイント
    新入社員研修の企画・導入のポイント「狙いと目的を明確化」「全社的な応援体制」「現場の協力」「教育効果把握」などについてそれぞれ解説する。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
あわせて読みたいキーワード
職業実践力育成プログラム
「職業実践力養成プログラム」とは、大学などが社会人や企業のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを設置し、文部科学大臣がこれを認定する制度のこと、もしくは認定されたプログラムそのものをいいます。政府の教育再生実行会議の第六次提言(2015年3月)を受けて創設された制度で、プログラムの受講を通じた社...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
留職
「留職」とは、「留学」のもじりで、企業に所属する人材がグローバル感覚を養うために現在の組織をいったん離れて、一定期間、新興国など、海外で働くことをいいます。特に企業の関心を集めているのが、現地NPOなどの社会セクターや公的機関に赴任し、本業で培ったスキルを活かして社会課題の解決に取り組む「留職」プ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。