企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15082件   回答数32424

賞与算式について【給与按分と業績按分】

現在、賞与算式を作成している中で、

1 給与案分(50%)

2 部門業績按分(50%)
で作成予定予定です。



賞与原資の出し方としては、
各部署それぞれ賞与予算があるので、


その合計です。

1の算出方法としては、賞与原資50%を、会社全員の給与で割ってかけ戻し、振り分け。(確定)
(ベースは給与)

2の算出方法としては、まず、それぞれの給与に評価係数(S~C)と、各部署の達成率をかけたもの
の全員の合計金額を賞与原資50%でかけ戻し、振り分け。(ベースは給与に評価係数(S~C)と、各部署の達成率をかけたもの)

になります。


賞与については、ある程度給与部分で保障したい部分と、部署業績、評価によっても
きちんとわけたい、という2つの考えからこの形にしようかなと考えているのですが、
この考え方の問題点はございますでしょうか。

  • *****さん
  • 大阪府
  • 不動産
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2013/04/23 18:26
  • ID:QA-0054292
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/23 20:19
  • ID:QA-0054294

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

賞与支給の計算方法等につきましては、原則会社が任意で定める事が可能ですので、文面のような方式でも特に問題はございません。

但し、現行賞与におきまして「基本給○か月分支給」といったように確定・保障されている金額部分がある場合には、賞与支給額がそうした保障額をも下回る額になる可能性が生じる仕組みですと、既得権を失う事から労働条件の不利益変更となります。

そのような場合には、原則労働者の個別同意を得ることが必要になりますので注意しなければなりません。

こうした不利益が発生しなければ、考え方自体は会社方針により様々ですし、特に問題があるといった方式でもございませんので、御社内で十分に検討された上で決められるとよいでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/23 21:06
  • ID:QA-0054295

人事・経営コンサルタント

評価

支給方法として不適切な点は無いと思います。ただ賞与や人事評価の課題は常に評価そのものにある場合が多いので、そもそもの「業績按分」分の評価の仕方の精度を上げる努力をお続けいただきたいと思います。完璧な評価というものは無いと思いますが、属人的ではない評価が出来るよう、業務を勘案しお進め下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/04/24 13:01
  • ID:QA-0054300

この回答者の情報は非公開になりました

お答えします

考え方ですので、「問題」というものは ありませんが、少し気になるのは、1と2の割合が階層によらず、50:50であるという点です。

部長クラスから、若手社員まで 部門業績に対する責任を同様に負うという仕組みになっており、「部門業績に対する責任は、上の階層ほど大きい」という普通の考え方からすると、やや違和感があります。もちろん、階層によらず 部門の業績に対する責任は同様に負うというのも、一つの考え方ですので、それでも構いません。

その点だけ、御社のポリシーとの整合性を確認されれば 良いのではないでしょうか。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...