企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15393件   回答数33253

パソコン紛失に伴う懲戒処分について

当社の社員が、持ち出しを禁止している業務用ノートパソコンを年末の仕事納め終了後、自宅で内緒で業務を行うために持ち帰りましたが、職場仲間との打ち上げで飲みすぎ、帰りの電車で熟睡し、ノートパソコンを紛失しました。つきましては、以下の2点につきご教示願います。
(1)会社としては、一番処分の軽い「譴責」にとどめたいと考えておりますが妥当でしょうか。(2)上司の管理責任を問う処分は行うべきでしょうか。
(3)もし本人を「譴責」で処分した後に、パソコン紛失に伴い、会社が損害を被った場合は、前回の「譴責」を取り消し、あらたに「減給」または「出勤停止」等の重い処分に変更することはできますでしょうか。

詳細は次の通りです。
①紛失した本人は35歳の一般社員(営業マン 係長)です。
②パソコン内のデータは、製造原価等の極秘情報は入っていないとのことです。(本人からの報告)
③持ち出したのは、あくまで業務遂行のためであり、私用目的ではありません。
④上司は、当人が持ち帰っていることを知りませんでした。
⑤パソコンの使用規定には持ち出すことを禁じていることは明文化しています。
⑥所定外労働を抑制する方針で進めており、職場に残りづらい雰囲気は少なからずあると推察します。

                 以上

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2009/01/17 11:28
  • ID:QA-0014791
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/01/17 23:15
  • ID:QA-0014797

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずはパソコン持ち出しが就業規則違反と見られることからも懲戒規定に基き何らかの懲戒処分を行う事自体は問題ございません。

その上で、

(1)‥ 悪質性が高いようには思えませんので譴責で妥当と思われますが、最終的には状況を精査された上であくまで御社自身の判断で決められるべきです。

(2)‥ これもまた状況によりますが、このようなことが偶然起こったことで同部署でルール違反等が他に発生していなければ厳重注意等でも構わないでしょう。但し、管理者として評価査定時に検討されるべき問題であるとはいえます。

(3)‥ 同一の行為に対し二重の懲戒処分を発する事は出来ません。文例のようなケースですと、懲戒処分を取り消す事は出来ず、会社が被った損害について追及される場合には事柄の性質上からも懲戒ではなく、損害賠償請求で対応されるべきです。

ちなみに、「所定外労働を抑制する方針で進めており、職場に残りづらい雰囲気」というのは、人事管理方針と業務実態が隔離しており働きづらい職場環境といえるでしょう。このような事件を防ぐ上でも是非改善されることが必要といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...