無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

代替休暇は導入しなくてもよいですか?

中小企業は来年4月から60時間超残業には5割増以上の残業代を支払うようになりますが、一方で代替休暇制度を取り入れた方が残業代支払いが減る、とのことですね。
ところが、労使協定を結ぶ大変さ、時間管理の煩雑さを考えると、代替休暇制度は導入せずに、全て残業代で支払おうと思います。
これは弊社の残業状況は、60時間以上がほとんどないに等しいことにもよります。
この考え方で押し通してしまってよろしいか、ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

投稿日:2022/08/15 14:49 ID:QA-0118113

迷えるヒツ人事さん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

お考えのとおりで、問題ありません。

代替休暇制度は義務ではありませんし、ご認識のとおり運用が煩雑で面倒です。

投稿日:2022/08/15 15:54 ID:QA-0118117

相談者より

ご回答ありがとうございました!

投稿日:2022/08/16 10:07 ID:QA-0118132大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

代替休暇制度を導入するかどうかは企業判断ですので、ご提示のように導入しないことも可能です。そもそも残業しないで済む人事管理ができれば対応も不要となりますので、労働環境の見直しなど全社的な改革の機会とされるのが建設的だと思います。

投稿日:2022/08/15 17:52 ID:QA-0118119

相談者より

ご回答ありがとうございました!

投稿日:2022/08/16 10:08 ID:QA-0118133大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、過重労働の防止その他働き方改革の流れからも、残業は極力減らすという方向性が求められているものといえます。

従いまして、そもそも月60時間を超える時間外労働をされないような業務運営こそが重要ですので、御社の場合ですと残業ありきの代替休暇制度の導入等はされず、これを機会に一層の残業抑制を図られるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2022/08/15 22:49 ID:QA-0118123

相談者より

ご回答ありがとうございました!

投稿日:2022/08/16 10:08 ID:QA-0118134大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

その考え方で大丈夫です。

代替休暇制度は義務ではございませんので、おっしゃるとおり全て残業代の支払いで処理するほうが、手間が省けて楽です。

投稿日:2022/08/16 09:00 ID:QA-0118125

相談者より

ご回答ありがとうございました!

投稿日:2022/08/16 10:09 ID:QA-0118135大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード