無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

ビジネススキルとヒューマンスキル

社内研修の体系化を企画しておりますが、そのカテゴリの話になった時、「ビジネススキル」と「ヒューマンスキル」の違いは何だと言う話になりました。
現時点では私どもとしては、ビジネススキル=所属している会社において自分の業務を遂行する上で必要なスキル(業務フロー、コンプライアンス等)
ヒューマンスキル=どこの会社であろうとも通用するスキル(コミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキル等)と考えておりますが、いかがでしょうか。

投稿日:2008/03/11 11:08 ID:QA-0011717

*****さん
栃木県/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

あくまで一般論ですが…

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

一般的には、「ビジネススキル」は担当業務を担うための総合的な能力、「ヒューマンスキル」は業務に関わらずコミュニケーション能力等の対人関係能力という意味で使われていると思います。
 ※要するに、ご質問の後半部分の見解の通りです。

結局、「ビジネススキル>ヒューマンスキル」ということになります。
ちなみに、ではヒューマンすきる以外のビジネススキルとは、一般的にどうように区分するかということですが、コンセプチュアルスキル(≒意思決定関連能力)、テクニカルスキル(※職務専門能力)というような区分の仕方があります。

さらに研修企画を行う上での問題ですが、企業として必要な総合能力が、上記の3つに区分した能力の単純な足し算ではないというポイントがあります。
従って、理想的な研修内容としては、個別能力の養成とあわせ、別に総合実践能力(≒コンピテンシー)の養成を目的とするプロセスを構想する必要があります。

ご参考まで。

投稿日:2008/03/11 11:27 ID:QA-0011718

相談者より

 

投稿日:2008/03/11 11:27 ID:QA-0034703大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード
研修カリキュラムのテンプレート

研修を企画する際のテンプレートです。社員に自身で研修を企画してもらうときの必要要素を備えています。テーマは多岐にわたりますので、場面に応じて編集したたき台としてください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード