無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

オフショア先の指揮命令権に関しまして

海外のオフショア先と契約を締結する場合、請負か準委任(ラボ型含む)の契約になると思います。オフショア先メンバーへの直接の指揮命令権を持ちたい場合、その他の選択肢・対応方法等はありますでしょうか。

また、A社(海外法人)、B社(A社日本法人)とした場合、B社を介してA社とオフショア契約を結ぶ際に、注意点などあればご教授いただけないでしょうか。

ご確認の程、よろしくお願いいたします。

投稿日:2021/05/26 14:00 ID:QA-0103880

infomさん
福岡県/情報サービス・インターネット関連

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

直接の指揮命令権は持てない

業務委託契約の下で仕事を遂行する場合は、その進め方や働く時間など、発注元から指示を受けることはありません。直接の指揮命令権を持ちたい場合は、自前社員を使うか、人材派遣方式に依るしか方法はありません。
▼従い、オフショア案件は、指揮命令者の常駐を必要としない業務(研究開発、情報収集、商品企画等)に限られることになります。

投稿日:2021/05/27 10:41 ID:QA-0103894

相談者より

早々のご回答誠にありがとうございました。

ちなみにですが、オフショア先と派遣契約を結ぶという選択肢はあり得るのでしょうか?

投稿日:2021/05/27 11:47 ID:QA-0103896大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

外国籍企業は派遣事業許可の対象にならないみたい

▼外国籍労働者は派遣要員になり得ても、外国籍企業が日本における労働者派遣事業許可の対象にはならない様です。従い、オフショア先の場合は、請負か準委任(俗にいう業務委託)方式にならざるをえない様です。

投稿日:2021/05/27 14:18 ID:QA-0103903

相談者より

そうですよね。。

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2021/05/27 15:04 ID:QA-0103904大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート