無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

離職証明書の交付と雇用保険の喪失手続きについて

いつも拝見させていただいております。
本日は大変初心者的なことで恐縮ですが、雇用保険の喪失手続きに関して教えて下さい。
当社は月末締めの翌月10日支払いのため、月末で退職した方については翌月10日までには離職証明書を渡すことができまますが、例えば月の初旬に退職した場合には当月の給与が確定するのが翌月5日〜7日のため、離職した日の翌日から10日以内に離職証明書を含めた喪失手続きを行うことができません。早く離職票が欲しい、と言ってくる退職者も結構いるのですが、事情を説明し待ってもらっています。
月の初旬に退職した方への離職証明書交付について、このようなやり方でも問題はないでしょうか?

投稿日:2021/02/24 23:07 ID:QA-0101150

人事三郎さん
神奈川県/保安・警備・清掃

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、雇用保険被保険者資格喪失届と同様に、離職票が必要の場合には雇用保険被保険者離職証明書を被保険者でなくなった事実があった日の翌日から起算して10日以内に提出する事が義務付けられています。

従いまして、賃金計算が未確定だからといって提出を先延ばしする事は認められません。未確定分についてはその旨備考欄に記入される等で対応すればよいでしょう。その他詳細についてはハローワークでご確認される事をお勧めいたします。

投稿日:2021/02/25 19:38 ID:QA-0101180

相談者より

ご回答いただき、ありがとうございます。
先生のご回答どおり、未計算として提出すれば良いことがわかりましたので、今後はそのように記載し、早めの喪失を心掛けたいと思います。

投稿日:2021/03/09 19:30 ID:QA-0101549大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード
退職証明書

従業員の退職を証明する書類のテンプレートです。例文付きのWordファイルをダウンロードできます。

ダウンロード