企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2017/01/16

株式会社リクルートホールディングス:
働く場所を従業員自らが選ぶ「リモートワーク」
働き方の選択肢を増やすことが、
個人の能力発揮と会社の成長につながる
(前編)

株式会社リクルートホールディングス 働き方変革推進室 室長 林 宏昌さん

成長していくために、一人ひとりの「働き方変革」が不可欠

 実証実験の結果を見て、「リモートワーク」など働き方変革を行うことが、次のリクルートの成長には不可欠だと考えたわけですね。

働き方変革については、まず「個人起点」を第一に考えました。今後、70~80歳まで働くことが当たり前の社会になった時、人は自律的に人生をデザインし、マネジメントしていかなければなりません。実際リクルートでは、定年までこの会社で働こうと考えている人があまり多くありません。その後のキャリアをどう築いていくか、自分自身で考えています。そのため、「働き方変革」ではその部分をもっと開放し、自分で自分のライフスタイルを作ってほしいと考えています。そのようなアプローチを行いながら、いかに業務の価値向上につなげていくかを考えていく必要があります。

「リモートワーク」と言うと、家で仕事をしているイメージが強いでしょう。最初のきっかけは、それでいいと思います。重要なのは働き方変革を、一人ひとりが成長し、価値を高めることへとつなげていくことです。例えば新卒採用事業に携わっているなら、大学生が集まる場所の近辺で働いて、実際に学生はどんな会話をして、どんなことに問題を抱えているのかといったことに直接触れながら、次の企画を考え、マーケティングを行うことがより良い商品やサービスの提供へとつながります。あるいは、コワーキングスペースでいろいろな会社の人とディスカッションを行うことも、これからの商品・サービスのあり方を考えていく上で、非常に有用だと思います。

株式会社リクルートホールディングス 働き方変革推進室 室長 林 宏昌さん

つまり、「リモートワーク」は在宅勤務に止まるものではなく、会社の外に出て、カスタマーに寄り添い、自由にいろいろな声やニーズを聞きに行くことのできるフレキシブルな働き方なのです。今までできなかった時間の使い方や価値創造を考えていくきっかけとなるでしょう。いかに「リモートワーク」にレバレッジをかけて使っていくのか。取り組みはまだ始まったばかりですが、この働き方をどんどんと広げていきたいと考えています。

「働き方変革プロジェクト」は、「こういう働き方をしてください」と勧めるためのプロジェクトではありません。重要なのは、一人ひとりがどのような働き方をしたいのか、どのような人生を送りたいのか、ということです。それを実現していくためのプロセスを示すのが「働き方変革プロジェクト」の役割だと思っています。

また、もう一つの役割は、企業の成長につなげていくこと。一人ひとりの自由な働き方を認めた上で、どうやって企業の成長へとつなげていくかをパッケージで考えなければいけません。ただ、「リモートワーク」を進めたことで売上や利益がどう上がったのかは、現時点では明確に検証できていません。次のフェーズでは、この点にしっかりと向き合っていくことが必要だと考えています。

 投資をしたら、それを上回る効果が必要になります。

アンケートベースでは、マネジメントする立場の人や制度適応を受けている人も、「生産性が向上した」と回答しています。この結果を見ると、双方とも実感値として成果が高まっていると感じているようです。ではこれを、どうすれば「価値」という部分に結び付けていけるのか。とにかく定量的な形で実証していくことができれば、他の日本企業にも「リモートワーク」が取り入れやすくなると思います。

多くの企業が悩むのは、個人の働き方を自由にすると、企業としての成長が損なわれるのではないかという点ではないでしょうか。そのため、なかなか踏み切ることができない。このような懸念事項に対して、私たちの実証実験や働き方変革プロジェクトを拡大していった結果、どれだけ説得力のある成果を示していくことができるのか。これが次のフェーズにおける大きな課題だと思っています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載

関連する記事

<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
「働き方改革」実現に役立つ企業事例10選
政府が推進する「働き方改革」は、いまや多くの企業の共通課題となっています。しかし、一言に「働き方改革」といっても、環境・ツールの見直しや制度・ルールの工夫、意識...
2017/06/12掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
モバイルワーク

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワ株式会社 総務部 課長 松波 弘治さん、人事部 次長 田中 堅...