無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

となりの人事部人事制度掲載日:2016/12/21

「共振の経営」を実現する「共振人材」は
いかに生まれるのか
社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(後編)[前編を読む]

ユニ・チャーム株式会社 グローバル人事総務本部 キャリア開発グループ シニアマネージャー

中島 康徳さん

「働き方改革」が多様な人材の力を100%発揮させる

 そのほかに、ユニ・チャームで予定している人材育成関連の施策についてお聞かせください。

現在ユニ・チャームでは、全ての社員が輝くことのできる、働きがいのある会社を目指し、職場環境の整備と改善に努めています。これまでも、「所定外労働時間の削減」「通年サマータイム制の導入」「年次有給休暇の取得促進」など、さまざまな取り組みを進めてきました。そうした流れの中で今回、働き方改革の一環として「働き方改革推進室」を新設し、全社員を対象とした「在宅勤務制度」と「インターバル勤務制度」を導入しました。

「在宅勤務制度」では、働く時間・場所を社員の裁量に任せ、重点業務に集中して成果物を創出してもらいます。多様な働き方ができることによって、一人ひとりの自立・自律のマインドを加速させ、その結果、生産性の向上・創造性の発揮が期待できます。また「インターバル勤務制度」は、22時以降の勤務を原則禁止し、勤務終了から翌日の勤務開始まで8時間以上の休憩を義務化、10時間以上の休息を奨励するものです。このような勤務体制を徹底することによって、疲労蓄積防止による健康維持と、ダラダラ残業の撲滅を図っていきます。

 「共振の経営」を実現するには、「働き方改革」も必要不可欠なのでしょうか。

ユニ・チャームを世界No.1の会社にするためには、いろいろな人が必要です。いろいろな才能・能力を持った人が、その力を100%発揮することができれば、事業目標の成功確率は高まっていくはずです。だからこそ、働きがいのある会社になるよう、いろいろな施策を考えていきたいと考えています。「働き方推進室」を設けたのも、そのような理由からです。

 最後に、人材育成に取り組む人事担当の方々に向けて、メッセージやアドバイスをお願いします。

企業価値の源泉は「人」にあります。では、どうすれば価値を生み出す人を育てられるのでしょうか。逆説的ですが、その答えは「人は作れない」ということです。では、人事にはいったい何ができるのかというと、私は成長する「場」や「機会」を準備することしかないと思っています。最終的には、本人のやる気に火がつかない限り、何もできないからです。取って付けたような研修ではなく、日々の仕事や業務の中に、人が育つ「上司と部下の関係性」「部下の一挙手一投足が気になる上司の育成」「大事な価値観が伝承される風土作り」があるなど、リアルな現場での対応が大きなカギを握っていると思います。

社長の「カバン持ち」の事例を出しましたが、「感化する力」あるいは「以心伝心」は人の成長において大切だと思います。真摯に仕事をして成果を出している先輩の姿を見たら、部下もそれを見習うようになります。そういう関係性や価値観を皆が持つことのできる職場をどう維持・拡大していくのか――人事として多いに苦心するところです。

結局、先輩が「いい後ろ姿」を見せることが重要なのだと思います。「いい仕事」をして「いい成果」を出す先輩が、途切れずに存在すること。そのための評価・処遇制度や教育制度を、今後は複合的に組み合わせて構築していきたい。それこそがまさに、「共振の経営」を実現する「共振の人事」だと思います。

ユニ・チャーム株式会社 中島康徳さん

(取材は2016年10月20日、東京・港区のユニ・チャーム本社にて)

ユニ・チャーム株式会社: 「共振の経営」を実現する「共振人材」はいかに生まれるのか 社員の自律的行動を促す“ユニ・チャーム流”人材育成術(前編)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

となりの人事部のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ステージゲート法
コア・コンピタンス
健康寿命
スキルマトリックス
コーポレートガバナンス・コード
ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ぼけ)
出向起業
まだらテレワーク
CoE(Center Of Excellence)
社内ベンチャー