企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

緊急調査 独身寮の運営に関する最新実態
独身寮の使用料は社有1万1302円、借り上げ1万2181円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労務行政研究所が2016年1~2月に実施した「独身寮・社宅に関する実態調査」の中から、独身寮についての結果を紹介する。独身寮の調査は、ほぼ8年ぶりである。

今回は、入居条件、使用料、食事の提供の有無、光熱費等の入居者負担など独身寮運営における諸取り扱いについて、社有・借り上げ別に集計した。また、付帯設備の個室への設置状況、独身寮の増加・充実の動向と活用状況についても調べている。

【Index】

1. 独身寮の有無
2. 独身寮の入居条件
3. 独身寮の広さ・間取りと使用料
4. 食事の提供、光熱費・水道料の負担状況
5. 付帯設備
6. 独身寮の増加・充実の動向と活用状況

【調査要領】

調査名:「独身寮・社宅に関する実態調査」

1 調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3483社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)296社の合計3779社。ただし、持ち株会社の場合は、主要子会社を対象としたところもある。

2 調査時期:2016年1月5日〜2月29日

3 集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった270社。集計対象会社の業種別、規模別内訳は[参考表]のとおり。会社名・所属業種については、調査時点におけるものとした。なお、項目により集計(回答)企業は異なる(項目により回答していない企業があるため)。

4 利用上の注意:図表の割合は、小数第2位を四捨五入し小数第1位まで表示しているため、合計が100%にならない場合がある。また、本文中で割合を引用する際には、実数に戻り再度割合を算出し直しているため、図表中の数値の足し上げと本文中の数値とは一致しないことがある。

[参考表] 業種別、規模別集計対象会社の内訳

参考表:業種別、規模別集計対象会社の内訳

ポイント

社有借り上げ
(1)独身寮の有無
[図表1]
社有・借り上げともあり27.0%、社有のみあり11.5%、借り上げのみあり17.0%、いずれもなし44.4%
(2)入居条件
[図表3、5]
社有・借り上げともに9割台で入居条件あり。いずれも「自宅からの通勤が困難」が最も多い。年齢条件では「30歳まで」が4割超で最多。入居年数は「5年まで」や「10年まで」とするところが多い
(3)広さと間取り
[図表7]
「15~20㎡未満」「20~25㎡未満」がともに31.5%を占める。間取りは「1R」が主流 「20~25㎡未満」が4割超、間取りは「1R」のほか「1K」「1DK」も見られる
(4)使用料
[図表8]
平均1万1302円、「5000~1万円未満」に35.7%が分布 平均1万2181円、「1万~1万5000円未満」に42.2%が分布
(5)食事の提供、食費の水準
[図表11~12]
「食事の提供あり」は40.4%、食費は平均で朝食211円、夕食433円 「食事の提供あり」は6.7%にとどまる。食費は平均で朝食215円、夕食439円
(6)光熱費・水道料の入居者負担
[図表14]
入居者の「負担あり」が光熱費は63.5%、水道料は49.0% 入居者の「負担あり」が光熱費は82.4%、水道料は77.3%
(7)付帯設備の個室への設備状況
[図表16]
社有は6割台、借り上げは半数程度が何らかの付帯設備を個室に設置。社有ではベッド、机が多く、借り上げではベッド、冷蔵庫が多い
(8)独身寮の増加・充実の動向と活用状況
[図表17~18]
新卒採用の活発化や求人増に伴い、4社に1社が独身寮の増加・充実を実施・検討。また、独身寮を若年層社員の育成・コミュニケーションの場として活用しているのは28.9%と約3割


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所) 
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。 
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高ま...
2017/10/10掲載
人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施
労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度...
2017/08/03掲載
40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
労務行政研究所
グローバル化、IT化で仕事の進め方が大きく変化し、労働人口の減少・高齢化も進む中、いかにミドル・シニア層の40代・50代社員が意欲を持って業務に取り組み、継続的...
2017/06/05掲載

関連する記事

社宅管理の最新実態──3割が今後、社有社宅を減少・廃止する意向
労務行政研究所では、「社宅・寮、住宅融資制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、そのうち、保有の寮・社宅の動向に関する集計結果を中心に取り上げています...
2008/12/01掲載人事・労務実態調査
西久保浩二さん
企業は「福利厚生」から撤退してはいけない
日本の企業福祉研究の第一人者、西久保浩二さんが「企業の人材を活性化させるためにも、福利厚生を有効な投資と見なして戦略的な対応を行うことが大事だ」と提言します。
2005/08/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...