企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

出張におけるグリーン車と航空機の利用基準を調査
~90年代前半と比べ、グレードダウンが顕著~ (1/3ページ)

2014/8/18
労政時報 photo

一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「国内・海外出張旅費に関する実態調査」を実施。本記事では、その最新調査結果の中から、国内出張におけるグリーン車の利用と海外出張における航空機の利用等級基準、最近3年間における国内出張費用の削減状況の調査結果を紹介します。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。


【 調査概要 】
調査名:「国内・海外出張旅費に関する実態調査」
調査時期:2014年1月8日~3月5日
調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3417社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)298社の合計3715社。ただし、持株会社の場合は、主要子会社を対象としたところもある。
集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった226社。

出張におけるグリーン車と航空機の利用基準

国内出張におけるグリーン車の利用
従業員では「認めない」が8~9割台。役員でも「認める」企業は顕著に減少

在来線特急および新幹線のグリーン車利用を、上級者や顧客随行、座席の確保が困難、病気、やむを得ない場合などの特別なケースを除き、通常の昼間の出張において認めているか尋ねました。

役員では、在来線特急、新幹線ともグリーン車を「認める」割合はほぼ同じで、おおむね社長70%、専務57~59%、常務55~56%、取締役49~51%となっている。取締役の新幹線以外は、「認める」が半数を超えています。

バブル経済が崩壊したものの、まだ出張費用の削減が本格化していなかった92年調査と比較すると、「認める」が減少し、その分「認めない」が増えていることが顕著です。例えば社長の場合、92年には「認める」が在来線特急で91.0%、新幹線で87.5%と9割前後を占めていましたが、今回14年調査では、それぞれ7割程度にまで減っています。その分、「認めない」は在来線特急で4.8%→25.3%、新幹線で6.5%→25.5%と大きく増加しています。

従業員では、いずれも「認めない」が8~9割台で最も多くなっています。92年調査と比べると、役員と同様、「認める」が減少し、「認めない」の増加が顕著です。例えば部長級では、「認めない」は在来線特急で43.8%→87.2%、新幹線で64.6%→91.8%と増加しています。

90年代後半から2000年代にかけ、厳しい経済・経営環境の中、出張費用の削減に取り組む企業が多く見られました。00年に行った調査では、国内出張費用の削減に取り組む企業は5割に上り、その具体的内容として、「グリーン車の利用制限」を3割弱が挙げていました(後掲[図表4])。このような取り組みを背景に、グリーン車を認めない企業が増えてきたといえるでしょう。それに加え、経営層では出張の際の時間も有効活用するため仕事に集中できるグリーン車を利用していましたが、本数の増加や走行時間の短縮など運行環境の改善や役員自身のコスト意識の徹底という観点からも、利用の見直しが進んだものと考えられます。

【図表1】国内出張におけるグリーン車の利用基準の推移
【図表1】国内出張におけるグリーン車の利用基準の推移
[注]
上級者や顧客随行、座席の確保が困難、病気、やむを得ない場合などの特別なケースを除き、通常の昼間に利用する場合について調べた。92年以降で上記以外の年は調査していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. *****さん その他業種 東京都
直接利益を生まない経費をできるだけ削減している企業の実態がよくわかりました。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所) 
実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。 
運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高ま...
2017/10/10掲載
人事制度の実施・改定状況調査
48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施
労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度...
2017/08/03掲載
40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
労務行政研究所
グローバル化、IT化で仕事の進め方が大きく変化し、労働人口の減少・高齢化も進む中、いかにミドル・シニア層の40代・50代社員が意欲を持って業務に取り組み、継続的...
2017/06/05掲載

関連する記事

転勤に関する諸取り扱いの実態 ――支度料、荷造運送費、別居手当など
労務行政研究所が2007年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。転勤は、社員の生活や家計に及ぼす影響が大きいため、企業としてもきちんとその取...
2010/04/12掲載人事・労務実態調査
小室淑恵さん
社員の時間を多様化させる「ワークライフバランス」の効果とは
「ワークライフバランス」という言葉を聞いて、人事部の皆さんは何を思い浮かべますか。「残業を減らすこと」でしょうか、それとも「福利厚生の充実」でしょうか? どちら...
2007/10/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れ...
2006/05/08掲載人事・労務実態調査
人事課長200人に聞く 5年後の「人事・労務」はどうなる?
実務の第一線にいる「人事課長」は、人事・労務の現状や今後をどう考えているのでしょうか? 労務行政研究所が行った調査の結果をもとに、「人事・労務」の現在と未来を探...
2004/11/29掲載人事・労務実態調査
【用語解説 人事辞典】
ATS
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...