企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エーティーエス ATS

「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データの管理・集計やデータ分析、募集職種ごとの応募進捗管理、メールの自動送信など、多彩な機能を備えた「ATS」を提供するサービスが近年、急速に増えてきました。「ATS」の導入で採用活動の効率化・自動化が進めば、コストの削減につながり、応募者の見極めにより多くの時間を割くこともできます。
(2017/3/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ATSのケーススタディ

内定率90%越え、優秀な人材確保は早い者勝ち
アナログな採用活動をより効果的かつ効率的に

厚生労働、文部科学両省の発表によると、今年3月卒業予定の大学生の2月1日時点の就職内定率は前年比2.8ポイント上昇の90.6%で、同時期としては2000年3月卒を対象とした調査開始以降、最高を記録しました。

これで、内定率の上昇は6年連続。企業の採用意欲が依然として高いことがわかりますが、優秀な人材の確保に関しては「早い者勝ち」の側面もあります。応募の受付から内定までに時間がかかるほど、応募者の辞退が増えるため、採用にはスピードが欠かせません。

そもそも採用業務においては、応募者の履歴書の管理から選考状況の管理、絞り込み、評価データの管理、応募者とのやり取りや通知まで、管理すべき項目が多岐にわたります。企業規模が大きくなれば、募集する職種・人員も多くなり、必要な事務処理や連絡作業が加速度的に増加、複雑化していくことに。にもかかわらず、多くの企業では採用に関する情報をいまだに手作業やエクセルデータなどで管理しているため、処理に手間取り、選考の遅れや対応ミスなどから、有望な候補者を取り逃がしてしまうことも少なくありません。アナログによる採用管理では、効率が悪いだけでなく、採用結果を分析して、次に活かすことも難しいでしょう。

そこで注目を集めているのが「ATS」(Applicant Tracking System)――採用管理システムです。急激なビジネス環境の変化にともない、これまで以上に高度なマーケティングとスピードが求められる採用活動において、業務工数を大幅に削減し、適時・適切な採用活動を実現する「ATS」の導入・利用は、十分検討に値します。新規採用やキャリア採用、あるいはアルバイト採用など採用ターゲットに特化したサービスから、ターゲットを区分しないものまで、国内・外を問わず、多数のサービスが提供されています。導入を検討する際には、自社の採用活動の課題を踏まえた上で、自社の業務フローとの親和性を重視して選ぶのがポイントといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

通年採用
「通年採用」とは、企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。欧米企業では当り前のことですが、日本の多くの企業の多くは、長年にわたって毎年春に新規学卒一括採用を行ってきました。変化が現れたのは、1990年代なかば頃。一部の企業が海外の大学を卒業した者や帰国子女の秋採...
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...

関連する記事

採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討 ~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降と後ろ倒しになります。スケジュールの変更に伴い、採用計画の見直しを迫られる企...
2014/11/26掲載編集部注目レポート

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 戦略人事 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...