企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

起業経験を強みにできない人材、できる人材
採用リスクを気にする企業が多い? 起業経験のある人材の採用

グローバルな企業間競争を勝ち抜いていかなくてはならない現代。安定志向の強い社員はいらない、自分で起業するぐらいの経営者感覚を持った人材が欲しい、という企業は多いことだろう。しかし、それは「あくまでも例え」であって、本当に会社を辞めて起業した経験のある人材を、自社で積極的に採用したいと考える企業はどのくらいあるのだろうか。「起業経験者は、チャンスがあればまた起業したいと思っているのではないか」と考えてもおかしくはない。人材採用は、いわば「投資」だが、採用して教育し、現場で経験を積ませた人材に、「起業したいので退職します」と言われたくはないと考える企業は多いのではないか。

もう一度起業したいと思いますか?

「どの企業の面接に行っても、『将来、チャンスがあればまた起業してみたいと思いますか?』という質問をされるんです。どう答えればいいのか、迷っています。アドバイスをいただけませんか」

その日、転職相談を受けたYさんは、新卒で就職した会社を退職して起業した経験の持ち主だ。インターネットを利用した通販ビジネスをスタートさせ、扱う商品の独自性には自信があったそうだが、思ったように売上が伸びず、起業後2年で自分の会社は休眠状態にして、現在は知人の会社を手伝っている。

「いつまでも居候というわけにはいきませんので、再就職したいと思い、転職活動に真剣に取り組んでいます。私としては起業した経験は、次の仕事にも必ず活きてくると思っているのですが…」

どうやら面接した企業の担当者は、Yさんが再び起業する可能性を気にしているらしい。自分で会社を興すぐらいだから、ビジネスパーソンとしてのセンスは十分だし、人柄なども申し分ない。それだけに、企業としては高く評価しつつも、いずれは退職してしまうのではないかと、採用リスクを気にしていることが容易に想像できた。

「Yさんの本当のお気持ちはどうなんですか? やはり機会があれば、もう一度起業してみたいとお考えでしょうか?」

Yさんは少し目を落として考えている。

「今、また起業することはまったく考えていません。決して甘いものではないことも実際に経験して分かりましたので、今度は組織の中でその経験を活かしていきたい――そう思っています。ただ…」

「ただ?」

「一度の失敗で、自分の考えを変えてしまう人材と思われるのもよくないのではという気もするんです。それに、将来のことは分かりません。起業しなくても転職する可能性だってあるわけですし…」

Yさんは非常に真面目な人のようだ。軽々しい約束などは出来ないタイプなのだろうが、それが面接担当者からは、「まだ起業に未練があって迷っている」ように見えてしまうのかもしれなかった。

「では、まずYさんご自身の考え方を『自己PR』のような文章にまとめてみるのはいかがでしょう。そこから始めてみませんか」

このケースはじっくりとコンサルティングする必要がありそうだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職相談もチャットでこなす時代
コミュニケーションを重ねても人柄が見えにくい?
長く人材紹介の良さは「人が介在する」ことだとされてきた。キャリアアドバイザーがいることで、求職者の人柄や仕事に対する考え方といったソフト面も考慮しながら推薦でき...
2020/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...