企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

大手企業への「憧れ」を持ち続ける、20代の求職者
失われた20年で生まれた? 希望転職先は“大手”という人たち

今の20代は1980年代生まれがほとんど。バブル経済が崩壊した時には、まだ小学生以下だったという世代だ。もの心ついた頃からこれまで、好景気を経験していないのだから、仕事選びに際して安定志向になるのもやむを得ないだろう。当然、新卒での就職活動でも「大手志向」が強いが、実際に大手に就職できる人は少ない。そのため、中堅・中小に就職した人の間で「大手=バラ色」という幻想が生まれてしまうこともあるようだ。

「やりがい」よりも「大手企業」

「転職先として、まず大手ははずしたくないと考えています。今よりスケールの大きい仕事ができますし、何といっても安定しているので、落ち着いてじっくり仕事に取り組めると思うんです」

転職相談の席でそう話すYさんの現在の勤務先は、いわゆる中小企業だ。まだ20代だが、営業成績は優秀でかなり重要な仕事を任されているらしい。話し方はテキパキしていて、人に与える印象も悪くない。ただ、若干気になるところがあった。

「今までは食品を扱ってこられたのですよね。今後もやはり経験を活かせる業界で働くことをご希望でしょうか?」

こう聞くと、Yさんはきっぱりと否定した。

「いえ、業界は違ってもかまいません。できればメーカーがいいかなとは思いますが…。それよりも、今回は企業規模にこだわって探したいんです。今の勤務先もそうですが、小さい会社の場合、大手と比べるとやはり仕事の範囲が限られてしまいます。30代以上になると中小から大手への転職は難しいと聞いたので、今のうちに大手に入っておきたいんです」

さらに聞いていくと、これまでやってきた営業職以外の職種へのキャリアチェンジも選択肢に入れているのだという。

「大手だといろいろな仕事があると思うんです。営業にはこだわりません。そのために今、簿記の勉強も始めています。あまり具体的ではありませんが、経営企画やマーケティングといった仕事にも興味があります」

Yさんの希望を聞きながら、私は「長期戦になるかもしれないな…」と思った。実は、最近こういった「漠然とした大手志向」を持って転職を希望する20代の人は多い。仕事内容よりも、とにかく「大手で働きたい」というタイプである。

「大手に就職している友人に話を聞くと、仕事もすごくやりやすいそうですし…」

おそらくYさんも、新卒の時は大手狙いで就職活動をしたのだろう。しかし、この世代には、結果的に大手に就職できない人の方が圧倒的に多かった。すると、どうなるか。きっぱり切り替えて中堅・中小での仕事に自分のやりがいを見出す人と、引き続き大手に憧れを持ち続け、そのうち大手企業のすべてが魅力的に思えてくる人に分かれていくのである。Yさんは、どうやら後者のようだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
アルムナイ

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...