企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材紹介会社の実情は──?
本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
ひとつの仕事にこだわる必要はない? 時代とともに変わる転職希望者の意識

本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなくてはならない。しかし、十分に対応できているとはいえないのが実情だ。

仕事人生も「二毛作」の時代が到来?

「難しいかもしれませんが、実は別の希望があるんです」

紹介に先立つ転職相談の際に、Wさんが切り出した。

「基本的には、これまでのシステムエンジニアの経験を活かせる仕事を紹介してもらえればと思います。その上で、もしあれば、まったく方向性の違う仕事も提示してもらえると嬉しいんですが…」

「まったく違う仕事、といいますと?」

そうですね、とWさんは少し考えて言った。

「若手の教育担当者やキャリアカウンセリング、あるいは今の仕事とまったく関係ないですが、農業の分野も面白いと思うんですよね」

Wさんは現在43歳、忙しいIT関連の仕事を今後もずっと続けていくことに多少疑問を持っているのだという。

「20代や30代の頃には、新しい技術を身につけるのがとにかく面白かったですし、プロジェクトが終了した時の達成感も非常に素晴らしいと思っていました。ただ、やはり肉体的にも精神的にもストレスがかなりたまる仕事なんです…」

そんな時、ふと思ったのが「人間、一生同じ分野の仕事を続けていく必要はないだろう」ということだった。

「若い時は吸収力も体力もありますから、とにかく激しい仕事をガンガンやればいい。実際、私も誰にも負けないくらい働いたという自負はあります。でも、ある程度の年齢になると馬力はなくなってきますし、家庭も大事になってきます。ただ、年齢を重ねることで、経験や判断力は身についてくると思うんですね。仕事人生の後半は、それらを活かせるまったく別の仕事に転向してもいいな…と、ずっと考えていたんですよ」

話を聞くうちにWさんの口調にも熱がこもってきた。真剣に考えていたことが伝わってきて、私も思わずうなずいていた。

「なるほど…確かにそうですよね」

一般的には一つの仕事を貫き、やり遂げるのが尊いとされる日本社会だが、これからの時代、Wさんのように「人生を二毛作で生きる」という考え方も十分「アリ」なのかもしれない。

「分かりました。ご紹介できる仕事を、幅広く探してみます」

私はWさんにそう約束した。

ツテがないから相談しているのに…

そうは言ったものの、実際にWさんにご紹介できる仕事はシステム開発の仕事ばかりだった。IT技術者の教育や指導といった、比較的近い分野の仕事すらあまりない。

「ご期待に沿えず申し訳ございません」

力強く約束した手前、まずは謝るしかない。

「第二希望の方は、『もしあれば…』くらいで考えていますから」

電話の向こうのWさんの声が明るいのがせめてもの救いだ。

「それから、農業関連は今のところ、私どもではご紹介できる案件がまったくないというのが実情です。あちこち当たってみたのですが…」

「気にしないで下さい。農業の仕事は、本気で探すならやはり地方のハローワークや知人のツテが確実でしょうか。まあツテといっても特にないんですが…」

そう、ツテがないからこそ人材紹介会社を頼って相談してくれているのである。紹介会社では、「キャリアカウンセリングを通じて、あなたが思っていなかったような新しいキャリアをご提案できる可能性もあります」…とよくうたっているが、実際に本当の「キャリアチェンジ」の相談をされると弱いのが実情なのである。

「システムエンジニアの募集ではありますが、先日お送りしたK社は、チームリーダーとして若手の指導も行うというものです。まずはこのあたりから検討されてはいかがでしょうか」

民間の人材紹介会社の場合、採用した場合の紹介料が有料であることから、未経験者向けの仕事は一部の若手採用の求人以外はほとんどない。Wさんに募集企業の説明をしながら、私はそのことを改めて実感していたのだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
アルムナイ

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...