企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
辞退してもキャリアが傷つかない 入社前研修に参加して考えてしまう人たち

新卒採用を実施している企業にとって、4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある。最悪の場合、直前での「入社辞退」につながってしまうこともあるのだ。

「今ならまだ引き返せる」という発想

「今度入社するBさんの、4月の予定はわかりますか?」

入社に必要な書類を取り交わし、あとは出社日を待つだけのBさんについて、K社から問い合わせが入った。Bさんは前職の業務を3月いっぱいで終え、4月は有休消化中と聞いている。

「数日程度の入社前研修に参加してもらうことは可能でしょうか? ちょうど新入社員研修を行っているので、Bさんに社内の雰囲気を事前に知ってもらう、いい機会になると思うんです」

このような要望をいただくことは、春先に多い。第二新卒に相当するような若手の採用が決まった場合は、特にそうだ。

「どんな内容の研修になるのでしょうか?」

そう答えながら、私はこれまでに遭遇した同様の事例をいくつか思い出していた。人材紹介会社での経験からすると、このような依頼はなるべく避けたいところなのだ。

転職経験のある人のほとんどが、程度の差こそあれ、「入社後にカルチャーショックを受けた」という。ちょっとした用語や約束事、仕事の手順や勤務環境、そして社内の雰囲気など、いろいろな点で違いを感じるというのだ。しかし、入社すれば「この会社で、できるだけ長く働きたい」と考えるのは誰もが同じ。「郷に入れば郷に従え」と言うように、その社風に慣れようと努力するのが普通だ。

Photo

ところが、入社前の人材は「びっくりした」ことで、「今ならまだ引き返せる」と考えてしまう場合がある。これが転職の不思議なところで、いったん入社してしまえば腹をくくって前向きに取り組むことができるような人材でも、入社前だと「今辞退すればキャリアに傷がつかない」と、真逆のネガティブな考え方に陥ってしまうのである。

たしかに入社してから短期間で辞めると、再就職の時にきわめて不利になる。一方、入社前に辞退した場合は履歴にまったく何も残らない。これは大きな違いだ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2016/04/15

入社前後は慎重にすべきです。記事に同感。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職相談もチャットでこなす時代
コミュニケーションを重ねても人柄が見えにくい?
長く人材紹介の良さは「人が介在する」ことだとされてきた。キャリアアドバイザーがいることで、求職者の人柄や仕事に対する考え方といったソフト面も考慮しながら推薦でき...
2020/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...