企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「対話(ダイアローグ)」が求められる時代【後編(1/3ページ)

~対話を促すためには、どのような施策が有効か?

『前編』では、「対話(ダイアローグ)」が求められている背景と、その重要性について述べた。『後編』は、組織として対話を行うためにはどのような施策が有効なのか、具体的な企業の事例を見ながら考えていきたい。
「対話」を行うためのアプローチ
◆日常的に対話する機会を設ける

日頃、組織内における対話は、メンバー同士、メンバーと上司によって行われるが、その内容は業務遂行のための情報の共有や、指示・命令のやりとりがほとんどではないだろうか。いわゆる「報連相」(報告、連絡、相談)が中心となっている。もちろん、これはこれで必要なことだが、儀礼的に淡々と行うだけでは、創造的なコミュニケーションや内省を促す機会にはなりにくいだろう。やはり、意識して対話を心掛ける仕掛けやアプローチが大切である。では、「仕事とは何か?」「チームにおいて自分にはどのような価値があるのか?」「組織に貢献するために、自分は何を身に付けていけばいいのか」など、働く人にとって重要で、モチベーションとなる内容やテーマを盛り込むには、どのように対話する機会を設けていけばいいのだろうか。

photo

結論から言うと、特別なことをする必要はない。というのも、組織内でできる「対話の機会」は、数限りなくあるからだ。ただ、それを対話に結び付けていく工夫が足りないだけのことだ。下記に示したように、対話の機会は、直接会って行うものから、メディアやツールを通して間接的に行うものまで、実に幅広い。

重要なのは、いろいろなテーマを設けて話し合いを促し、且つ、これらを複合的に活用していくことである。また、日常的に高い頻度で行うことである。そうすることにより、「皆と対話していく中で気づきを促し、創造的な価値を生み出していくことができる」、さらには「我々の組織は、仕事に対する意識啓発を恒常的に行う文化がある」といった認識を、組織にいる全員が共有できるようになる。そのような仕組みを、人事部門は現場と一緒になって考え、提供していく必要があるだろう。

【組織における対話の機会】

(1)間接的・非対面の場合

  • 日報
  • ブログ
  • メール(メーリングリスト)
  • 社内SNS(イントラネット)
  • SNS(facebook、Twitterなど)
  • 社内報

(2)直接的・対面の場合

  • 業務報告
  • ミーティング・会議
  • 個人面談
  • ワークショップ・勉強会
  • 研修
  • 昼食会(ランチミーティング)
  • 飲み会・食事会(オフミーティング)
  • 親睦会
  • 表彰式
  • タウンミーティング


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
組織における「対話」の事例(間接的・非対面のケース)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第1回】
プロティアンに向かう、はじめの一歩
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2019/11/26掲載編集部注目レポート
中村和彦さん:
組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決
いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村...
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第59回
「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(前編)
~信頼に基づく話し合いが、組織を活性化する~
チームとして成果を出すために、人々をまとめ、鼓舞し、組織の活力を高めていく手法である「対話(ダイアローグ)」が注目されている。ただし、これは従来型の以心伝心によ...
2012/08/27掲載人事マネジメント解体新書
非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!
『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方々に知ってもらいたいという思いから、(株)リンクイベントプロデュース協賛による企画を考案。...
2012/08/09掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第52回
2012年 これからどうなる!?「人事」と「人事部」(後編)
「前編」で示した方向性を受けて、この先「人事部」はどのように課題に取り組んでいけばいいのか、また、人事部の果たす役割の変化とともに注力すべき施策や、注目されるキ...
2011/12/26掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...