企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホールシステム アプローチ ホールシステム・アプローチ

「ホールシステム・アプローチ」とは、特定の課題やテーマに関係するすべてのステークホルダーあるいはその代表が組織や分野の壁を超えて一堂に会し、大規模なダイアローグ(対話)によって創造的な意思決定やアクションプランを生み出していく一連の方法論の総称です。従来のトップダウンやボトムアップに替わる、組織マネジメントの第三の手法として注目されています。
(2011/8/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホールシステム・アプローチのケーススタディ

関係者を一堂に集めて問題の全体像を再現
利害を超えたオープンな「対話」が未来を創る

最近の若手には、自ら主体的に考えて行動するアグレッシブな人材や、率先して新しいテーマにチャレンジしたり、チームを引っ張ったりするリーダータイプが少なくなったとよく言われますが、では単なる“指示待ち族”ばかりかというと、そうでもありません。「言われたからやる」という機械的な行動パターンより、自分自身が納得しないと動かないし、動けないというタイプが少なくないのです。彼らにとっては、納得感や腹落ち感こそが最も重要なモチベーション。いいかえれば、もはやトップやマネジャーのツルのひと声で、組織全体が一斉に動き出すような時代ではないということかもしれません。

仕事を取り巻く環境も多様化・複雑化の一途を辿っています。かつてのように業務や意思決定のシステムが自社内、自組織内だけで完結することはなく、組織や分野、立場を超えて、さまざまなステークホルダーが相互に関わり合っているのが普通でしょう。他のセクションとの連携や顧客、取引先、消費者との関係など、内外を十分に調整しながら進めないと何事もうまくいきません。それでいて、組織としてのアクションや対応にはスピードも求められるのです。

こうした流れを背景に、できるだけ多くのステークホルダーが一堂に集まり、自分たちの課題や目指したい未来について話し合う、「ホールシステム・アプローチ」と呼ばれる大規模な対話による組織変革のアプローチが注目されるようになってきました。あらゆる関係者が揃い、テーマを取り巻くシステムの全体=“ホールシステム”の縮図をその場に再現することによって、話し合いに多様な視点や価値観が反映され、合意や施策へのコミットメントも引き出しやすくなるのです。

ホールシステム・アプローチの一連の手法は、1980年代から90年代半ばにかけてアメリカで開発されました。主な具体的手法としては次のようなものが挙げられます。いずれも、組織を機械ではなく生き物として捉える生命体組織論に基づき、人や組織が有する自己組織化能力を最大限に発揮させようとするところに共通の基盤があります。

 (1) ワールド・カフェ
“カフェ”にいるようなリラックスした雰囲気の中、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、ときどき他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させていくこと。相互理解を深め、集合知を創出していく組織開発の手法。その考え方や方法論は世界中に普及し、ビジネスや市民活動、まちづくり、教育などさまざまな分野で活用が進められている

 (2) OST(オープンスペース・テクノロジ―)
あるテーマについて関心や情熱を持つ関係者が一堂に会し、解決したい問題や議論したい課題を自ら提案した上で、自主的にスケジュールを調整して話し合いを進める会議の手法。参加者の当事者意識と自己組織化能力を最大限に引き出すことにより、全員が納得できる合意への到達を目指す。最大1,500人以上が参加して行われた、大規模な事例もある

(3) AI (アプリシエイティブ・ インクワイアリー)
ポジティブな面に着目した質問や継続的な対話によって、個人や組織が潜在的に持つ強みや真価を探求・共有し、それらの可能性を組織全体として最大限に拡大させるプロセス。肯定的な言葉遣いやイメージ、ストーリーテリングを重視する

(4) フューチャー・サーチ
自主参加が基本のOSTと異なり、課題を共有しながら利害が異なるステークホルダーをすべて招くのが大前提。過去と現在の状況について認識を共有した上で、全員が望む未来のビジョンを確認、協力関係を生み出し、参加者が自己の責任においてアクションプランの作成を行うファシリテーション手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(前編)
なぜ組織開発が近年注目されているのか?日本企業がどのように組織開発を進めていけばよいのか?組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに、詳しいお話を伺いました。
2015/09/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

これからの組織のあり方
マネジメント 組織論の質問です。 自律型組織、ティール型組織などへの志向が一つのメインストリームとしてあると思いますが、一方で従来型の軍隊式組織、官僚型組織もその有効性は完全には否定出来ないと思います。 自律型、軍隊型それぞれの組織が有効に機能するのは、それぞれ一定の条件下によると思いますが、この点...
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...