無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人事マネジメント「解体新書」第60回
「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(後編)
~対話を促すためには、どのような施策が有効か?

『前編』では、「対話(ダイアローグ)」が求められている背景と、その重要性について述べた。『後編』は、組織として対話を行うためにはどのような施策が有効なのか、具体的な企業の事例を見ながら考えていきたい。

「対話」を行うためのアプローチ

◆日常的に対話する機会を設ける

日頃、組織内における対話は、メンバー同士、メンバーと上司によって行われるが、その内容は業務遂行のための情報の共有や、指示・命令のやりとりがほとんどではないだろうか。いわゆる「報連相」(報告、連絡、相談)が中心となっている。もちろん、これはこれで必要なことだが、儀礼的に淡々と行うだけでは、創造的なコミュニケーションや内省を促す機会にはなりにくいだろう。やはり、意識して対話を心掛ける仕掛けやアプローチが大切である。では、「仕事とは何か?」「チームにおいて自分にはどのような価値があるのか?」「組織に貢献するために、自分は何を身に付けていけばいいのか」など、働く人にとって重要で、モチベーションとなる内容やテーマを盛り込むには、どのように対話する機会を設けていけばいいのだろうか。

photo

結論から言うと、特別なことをする必要はない。というのも、組織内でできる「対話の機会」は、数限りなくあるからだ。ただ、それを対話に結び付けていく工夫が足りないだけのことだ。下記に示したように、対話の機会は、直接会って行うものから、メディアやツールを通して間接的に行うものまで、実に幅広い。

重要なのは、いろいろなテーマを設けて話し合いを促し、且つ、これらを複合的に活用していくことである。また、日常的に高い頻度で行うことである。そうすることにより、「皆と対話していく中で気づきを促し、創造的な価値を生み出していくことができる」、さらには「我々の組織は、仕事に対する意識啓発を恒常的に行う文化がある」といった認識を、組織にいる全員が共有できるようになる。そのような仕組みを、人事部門は現場と一緒になって考え、提供していく必要があるだろう。

【組織における対話の機会】

(1)間接的・非対面の場合
日報
ブログ
メール(メーリングリスト)
社内SNS(イントラネット)
SNS(facebook、Twitterなど)
社内報

(2)直接的・対面の場合
業務報告
ミーティング・会議
個人面談
ワークショップ・勉強会
研修
昼食会(ランチミーティング)
飲み会・食事会(オフミーティング)
親睦会
表彰式
タウンミーティング

この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます

登録45秒!すぐに登録できます!

無料会員登録 会員の方はログイン

次のページ組織における「対話」の事例(間接的・非対面のケース)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ホールシステム・アプローチ