企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

小学生を「学び続ける自走集団」に変える
ぬまっち先生流・やる気を引き出すしかけづくりとは(後編)

沼田 晶弘さん
(東京学芸大学附属世田谷小学校 教諭)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沼田 晶弘さん 東京学芸大学附属世田谷小学校 教諭
教育現場において、子どもたちの自主性・自立性を引き出すユニークな授業で注目されている小学校教諭の沼田晶弘さんは、子どもたちにさまざまなプロジェクトを任せ、知的好奇心に火をつけることで、「自ら考え、学びつづけるクラス」を実現しています(前編参照)。子どもたちから「ぬまっち」と呼ばれ、親しまれている沼田さんは、その信頼関係を一体どのように築いているのでしょうか。後編では、そのコミュニケーション手法ややる気を引き出す目標設定について、詳しくお話をうかがいました。
Profile

ぬまた・あきひろ●1975年東京生まれ。国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、アメリカ・インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。著書に『「やる気」を引き出す黄金ルール』(幻冬舎)『ぬまっちのクラスが「世界一」の理由』(中央公論新社)『「変」なクラスが世界を変える! - ぬまっち先生と6年1組の挑戦』(同)がある。

クラスの雰囲気がよくなり、先生がイジられることも

―― 子どもたちは沼田さんとの間に、「先生と児童」という上下関係以上の信頼を感じているようですね。その関係性は、どのように築かれているのでしょうか。

実は、いつも第一印象がよくないんです。今でこそ、ボクがやっている授業が浸透してきたので好意的に見てくれる子もいますが、ボクの見た目がちょっとコワモテだから、最初は子どもたちとものすごく距離感がある。呼び方も、普段子どもたちからは「ぬまっち」と呼ばれているんですが、最初は普通に「沼田先生」。ボクも、子どもたちを「○○さん」と呼びます。子どもたちも一人の人間なので、いきなり呼び捨てにしたりしません。コミュニケーションを深めて少しずつ距離が縮まると、「ぬまっちと呼んでいいですか?」と言われるようになり、「いいよ。その代わり、ボクもファーストネームで呼ぶからな」と。そうやっているうちに、だんだん子どもたちがボクのことをイジるようになるんですよ。「日本が少子高齢社会なのは、ぬまっちが独身だからだ」とか(笑)。もちろん、本当にバカにしてるわけじゃなくて、愛がありますよ。そんなふうにボクのことをイジってきたとき、信頼関係の高まりを感じます。

関係性を深めるために、普段から子どもたちとはよく話すようにしています。給食のとき、多くの先生は自分の机に座って一人で食べて、残り時間を自分の仕事に充てたりしますが、ボクはいつも子どもたちと机を並べて食べます。毎日全員と交換日記をやり取りしていますし、顔を見れば一人ひとりの気分や体調も大体わかるので、声をかけることもあります。「なんか暗い顔してるじゃん。どうした?」「『朝ごはん食べるのが遅い』って怒られた」「へー、『遅い』って言われるくらい、朝からたくさん食べてるんだ。すごいな」といったように。

―― 企業に置き換えて考えると、上下関係がなく、フラットなコミュニケーションをとることは、なかなか難しいですよね。

「上司だからナメられないように」と、高圧的な態度を取ったり、部下を叱りつけたりする人もいますよね。でも、偉そうにすればするほど、上司のいない飲みの席でどれだけ愚痴を言われていることか。

企業向けの講演を行うと、よく上司の方から部下とのコミュニケーションに関する悩みをお聞きするのですが、あまりにも部下に関わろうとしていないんじゃないかと思うんです。「今どきの若者はよく分からない」と言いながら、「これさえ押さえておけばOK」みたいな、マジックワードを欲しがっている。でも、そんなの、あるわけがないんです。

コップの中に毎日少しずつ信頼関係の水を貯めていって、表面張力ギリギリまで貯まったところに言葉をかけるから、水があふれる。それが心に響いたり、行動につながったりするんです。いくら空っぽのコップにその言葉をかけても、何の意味もありません。それに信頼の貯め方は、人によっても異なります。大げさなくらい褒めたほうがいい子もいれば、恥ずかしがり屋だから、目を見つめてニコッと笑うくらいのほうがいい子もいる。一人ひとり、性格も特性も違いますから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
沼田晶弘さん:
小学生を「学び続ける自走集団」に変える
ぬまっち先生流・やる気を引き出すしかけづくりとは(前編)
「卒業遠足でクラス全員が帝国ホテルで食事をし、リムジンに乗って学校に帰る」という、前代未聞の目標に向けて団結した、東京学芸大学附属世田谷小学校6年1組の児童たち...
2017/11/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
社員の「モチベーションアップ」のポイントがわかる記事7選
社員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成長...
2017/06/26掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...