企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

小学生を「学び続ける自走集団」に変える
ぬまっち先生流・やる気を引き出すしかけづくりとは(前編)

沼田 晶弘さん
(東京学芸大学附属世田谷小学校 教諭)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沼田 晶弘さん 東京学芸大学附属世田谷小学校 教諭
「卒業遠足でクラス全員が帝国ホテルで食事をし、リムジンに乗って学校に帰る」という、前代未聞の目標に向けて団結した、東京学芸大学附属世田谷小学校6年1組の児童たち。驚くことに、さまざまなコンテストを自主的に探し出し、それに応募することで賞金を貯め、「ホテルディナーとリムジン」を、見事、実現しました。その陰にあったのは、児童たちの自主性・自律性を引き出す、担任・沼田晶弘さんのサポートでした。多くの企業でも課題となっている、「モチベーション向上」や「自走する組織づくり」には、一体何が必要なのでしょうか。児童から「ぬまっち」と呼ばれ慕われる沼田さんに、その取り組みをうかがいました。
Profile

ぬまた・あきひろ●1975年東京生まれ。国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、アメリカ・インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。著書に『「やる気」を引き出す黄金ルール』(幻冬舎)『ぬまっちのクラスが「世界一」の理由』(中央公論新社)『「変」なクラスが世界を変える! - ぬまっち先生と6年1組の挑戦』(同)がある。

「気が付いたら勉強になっていた」を狙う

―― 沼田さんは、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校で教鞭を取られ、そのユニークな授業が注目されています。

ありがたいことに、ボクの授業は「面白い」と言っていただけることが多いのですが、自分自身は「ど真ん中のこと」を教えているだけだと思っています。子どもたちはこれからいろいろなことを学習して、いつか世の中に出て行くことになりますから、それに合致したことを教えるのは当然のこと。それが結果として、一般的な授業とはちょっと違うものになっているのです。今担任をしているのは4年3組の子どもたちですが、みんな、すごくがんばってくれています。授業が終われば真っ先に帰っていた、小学生時代のボクとは大違いです。

ボクは本を書いたり、取材を受けたりすることもあって、他の小学校教師よりも学校外の方と触れ合うことが多いのですが、外に出て気づくのは、世の中の多くのものがマーケティング的な発想から生まれているということ。たとえば、本は内容がよければ必ず売れるとは限りません。売上には、どのようなキャッチをつけ、どう売り出すかなど、マーケティングの要素が大きく関わっています。「いい本だけど、売れないね」では、商売にならない。「いい本だから売れる」のか、「売れるからいい本」なのか。教師は「いい授業はみんなが聞いてくれるはず」と考えてしまうけれど、果たして本当にそうなのか。そもそも「いい授業」って、なんでしょう。

ボクは、子どもたちの満足度が高いだけではなく、「何をどんなふうに学べているか」が大事だと思います。「勉強するつもりはなかったけれど、楽しくて気がついたら勉強になっていた」というのが狙いです。

今のクラスは去年から担任をしていますが、最初のうちはやはり、「勉強はあまりしたくない」と思っている、普通の子たちばかりでした。でも、あの手この手を使ってやる気を引き出して、気づかないうちに勉強をさせてしまう。今は、勉強させられていることには気づいているけれど、楽しいからいいか、と思ってくれているようです。

―― どのようにして、「気が付いたら勉強になっていた」という状態を生み出しているのですか。

方法はいろいろありますが、たとえばさまざまな「ライセンス」を発行して、身につけたことを見える化するようにしています。ラミネートでコートされたカードを発行するのですが、自分の机に貼ることができるので、周りからも誰が何のライセンスを持っているかが分かります。たくさんライセンスを持っているとかっこいいし、みんなからうらやましがられる。

「SLA(セルフ・ラーニング・アドバイザー)」というライセンスは、何か気になったことを自分で調べてまとめられた子に与えられます。時事問題やニュースなどをピックアップして、それに対する意見を書けばもらえる「KKC(キラキラ・コメンテーター)」というライセンスもあります。ニュースをそのままサマリーしただけではダメ。ちゃんと自分なりの考えや分析を書かなくてはなりません。

調べたことや考えたことはすべて一冊のノートに書いて、週3回以上提出してもらうことにしています。このノートはボクとの交換日記も兼ねているので、みんな毎日のように提出してくれる。ライセンスは1ヵ月限定で、月末になれば無効になります。称号が欲しければもう一度取りなおさなければならないので、また一生懸命取り組みはじめる。子どもたちがあまりに熱心なので、親御さんも心配するほどです。だけど、すごくぜいたくな悩みですよね。「子どもが勉強しすぎて心配」だなんて。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

濱松誠さん:
出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、人事に求めること(後編)
多くの企業が抱える「大企業病」の課題を、若手・中堅社員たちの手で変えて行こうとする、若手・中堅有志団体「One JAPAN」。所属するメンバーたちは、各企業の社...
2018/01/25掲載
濱松誠さん:
出る杭を伸ばす組織を目指して
大企業病に挑む若手・中堅有志団体One JAPANが、人事に求めること(前編)
「大企業病」――意思決定のスピードが遅く、変化を好まない組織風土。そこで働く若手社員たちは、近年の急速な経済環境の変化の中で、変革の必要性を感じながらも、身動き...
2018/01/18掲載
廣井悠さん:
大災害が起きた時に社員の安全を守る
人事が知るべき「帰宅困難者対策」とは(後編)
「首都直下地震」などの災害時に社員を帰宅させない、帰宅困難者対策。社会的問題への対応、また自社のBCP(事業継続)の点でも非常に重要であることを「前編」では確認...
2017/12/20掲載

関連する記事

沼田晶弘さん:
小学生を「学び続ける自走集団」に変える
ぬまっち先生流・やる気を引き出すしかけづくりとは(後編)
教育現場において、子どもたちの自主性・自立性を引き出すユニークな授業で注目されている小学校教諭の沼田晶弘さんは、子どもたちにさまざまなプロジェクトを任せ、知的好...
2017/11/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
社員の「モチベーションアップ」のポイントがわかる記事7選
従業員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成...
2017/06/26掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ マネジメント向け両立支援/カムバボス版!

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...