キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアワード2016」受賞者インタビュー

人事は世の中でもっとも面白い仕事
注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)

島田 由香さん
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島田由香さん ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所と時間を社員が自由に選べる新人事制度「WAA」(Work from Anywhere and Anytime)の導入で大きな注目を集めた功績が、授賞理由の一つでした(前編参照)。インタビューの後半では、その「WAA」導入の経緯や背景、実際の運用にまつわるエピソードなど、新制度に“魂”が込められていくプロセスをじっくりとうかがいました。
Profile

しまだ・ゆか●1996年慶應義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年コロンビア大学大学院留学。2002年組織心理学修士取得、米系大手複合企業入社。2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。中学一年生の息子を持つ一児の母親。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLPⓇトレーナー。

WAA導入の背景にあるのは組織に根付く「人を大切にする」思想

―― ユニリーバ・ジャパンでは2016年7月から新人事制度「WAA」を導入しています。あらためて制度の概要をご紹介いただけますか。

「WAA」は、いつでもどこでも、働く時間と場所を社員自ら自由に選択できる制度です。上司に申請すれば、理由は問わず、自宅やカフェ、図書館といったオフィス以外の場所でも勤務することができます。勤務時間や休憩時間も、平日の6時~21時の間で、自由に決められます。対象は全社員におよび、制度の利用に期間や日数の制限もありません。“いつでもどこでも”、そして“誰でも”OKというわけです。これを適切に機能させることで、働き方の多様性を高め、社員一人ひとりが自分らしく、持てる能力を最大限発揮できるように支援していきたいと考えています。

―― 島田さんが「WAA」を発案し、立ち上げられた背景には、どのような思いや経緯があったのでしょうか。

制度の構想が浮上したのは、実際に始める2年前の2014年で、その年の11月には全社員に対し、「『WAA』をやります」と宣言しました。そう、ネーミングの「ワー」はその時点ですでに決めていたんです。うれしい驚きでみんなに「ワーッ!」と言わせて、その勢いで「ワーッ!」とこの取り組みを広げていきたかったからです。

アイデア自体は前々から温めていたのですが、実行に向けて背中を押されたという意味では、14年夏に着任した現トップ、フルヴィオ・グアルネリ(代表取締役プレジデント& CEO)の影響が大きかったですね。彼が来て数ヵ月後の11月にはもう、社内に向けて制度導入を発表しているわけですから。彼はイタリア人なのですが、当初から「日本人の働き方はおかしい」と話していました。「日本人はなぜ、遅くまでオフィスに残って、帰らないのか」「帰ったと思ったら、なぜ飲みに行くのか」「なぜ家族ともっと過ごさないのか」……。とにかく、人としてのあり方の大切さを、トップが自ら熱心に語ってくれて、社内の雰囲気もかなり変わりました。ビジネスでは「絶対に勝つ、売上を伸ばす」という強烈な意思を持つリーダーですが、それと同じくらい人への思いや関心が強い。WAAについても、私と同じようなことを考えていたようで、「どんどんやろう」と背中を押してくれました。

―― もともと御社はダイバーシティ推進に積極的で、以前から在宅勤務制度やフレックスタイム制度など、多様な働き方ができる仕組みが整えられていましたね。

在宅勤務も、フレックスタイムも、年齢・性別を問わず、多くの社員に活用されていましたし、それらを有効に運用してきた下地が、WAAの導入にも役立っていることは間違いありません。というのも、私はこの会社に来て9年目になりますが、当初から強く感じていたのは、「制度よりその運用が大切」という企業風土でした。制度がいくらきちんと設計されていても、運用されなければ意味がありません。逆に、多少設計に不備があっても、現場でちゃんと運用できれば制度はうまく回っていく。元気なベンチャーなら、きっとそんな感じでしょう。組織に共通の思いがあり、社員のマインドセットがしっかりできていれば、制度の運用は難しくありません。制度もいろいろとあるけれど、それ以上に「人を大切にする」というマインドセットが浸透していることが、ユニリーバという企業のアドバンテージなのだと、私も実際に働いてみて納得できました。例えば、カンファレンスなどで人が大勢集まったとき、当社では一番初めに避難経路の説明をするんです。人の安全が第一ですから。

―― それだけ「人を大切にする」思想が徹底されている、と。

はい。私も最初は驚きました。着任するなり、まず手渡されたのが避難用のバックでしたから。女性はヒールを履いているので、万一のときは履き替えて逃げるため、避難用の靴もあります。最初は正直、「これは無駄じゃない?」と思いました。しかし今はマネジメント側になって、その大切さがあらためて分かるようになりました。「組織は人。人が大切」だと、頭では理解しているつもりでしたが、その大切さの本当の意味を心と体で実感させてもらっています。「人を大切にする」とは、何よりもまず、社員の健康と幸福に資することであり、その観点からすると、一人ひとりがよりイキイキと自分らしく働けるように支援する「WAA」の導入は、まさに必然だったと確信しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

田中研之輔さん:
見えにくいけれど大切なものを見えるようにする社会学的視点
組織を変えたい人事のための「組織エスノグラフィー」入門(後編)
「組織エスノグラフィー」――インタビューの前編では、この聞き慣れない言葉が人事の領域にどう関わってくるのか、法政大学キャリアデザイン学部准教授の田中研之輔先生に...
2017/05/22掲載
田中研之輔さん:
「見えにくいけれど大切なもの」を見えるようにする社会学的視点
組織を変えたい人事のための「組織エスノグラフィー」入門(前編)
「組織エスノグラフィー」という言葉をご存じでしょうか。「エスノグラフィー」とは、「民族誌」という意味で、もともとは人類学者が異国の村や集落に入り込み、いっしょに...
2017/05/15掲載
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載

関連する記事

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(前編)
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、誰もがそれぞれのライフスタイルを継続して楽しむことで、自分らしく働き、生産性を高められるよう、働く時間・場所を社員が...
2017/02/16掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載となりの人事部
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(前編)
グローバルレベルで繰り広げられる厳しいビジネス競争に打ち勝つために、多くの企業が新卒採用に力を注いでいます。大手広告会社のアサツー ディ・ケイでは、従来からの採...
2017/02/06掲載となりの人事部
新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ミスマッチの応募にお困りの採用担当者様へ

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...