キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアワード2016」受賞者インタビュー

人事は世の中でもっとも面白い仕事
注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(前編)

島田 由香さん
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島田由香さん ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングスでは、誰もがそれぞれのライフスタイルを継続して楽しむことで、自分らしく働き、生産性を高められるよう、働く時間・場所を社員が自由に選べる新人事制度「WAA」を、2016年7月1日からスタートさせました。「WAA」とは、“Work from Anywhere and Anytime”の頭文字で“ワー”と読みます。ネーミングのインパクトもあって、他社からの問い合わせが殺到するなど、新制度は大きな注目を集めていますが、その仕掛け人が同社取締役人事総務本部長の島田由香さん。「WAA」を始め数々の先進的な活動に挑み続けるとともに、HR領域のオピニオンリーダーとしても日本の企業人事の活性化に貢献した功績が認められ、日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、人事プロフェッショナルです。「人事は世の中でもっとも面白い仕事です」――そう明言する島田さんに、人と組織に寄せる思いを存分に語っていただきました。
Profile

しまだ・ゆか●1996年慶應義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年コロンビア大学大学院留学。2002年組織心理学修士取得、米系大手複合企業入社。2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。中学一年生の息子を持つ一児の母親。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLPⓇトレーナー。

人事の発する「言葉の力」が社員や経営層のマインドセットを変える

―― 「HRアワード」企業人事部門 個人の部 最優秀賞 受賞、おめでとうございます。あらためてご感想をお聞かせください。

本当にありがとうございます。先日の表彰式でも申し上げましたが、私はつねづね、人事というこの素晴らしい仕事を通じて世界をもっとよくしていきたい、みんながもっと元気でイキイキ、ワクワクしながら働ける社会を創っていきたいと、本気で考えています。現に、私がこのような賞をいただくことができたのも、そのことに共感し、応援してくださる方がたくさんいらっしゃるからかな、と。そう考えると、ただうれしいだけではなく、ものすごく心強いですね。

―― 島田さんは受賞のコメントで「人事は世の中でもっとも面白い仕事」だとおっしゃいました。多くの人事パーソンがこの言葉に励まされたと思います。

私の言葉が皆さんの心に響いて、何かしら励みになったのならこれほどうれしいことはありません。ただ、私の言葉よりも、それを前向きに受け止めて、「そうだ!」と共感してくださる思いのほうが素晴らしい。『日本の人事部』を通じて出会った方々となら、そういう思いを一つにしていけると確信できたことが今回の受賞の一番のご褒美だと、私は思っています。

人事は世の中でもっとも面白い仕事です。そう断言することに、私自身は何の迷いも疑いもありません。でも、日本では残念ながら、一般的にまだそういう風潮になっていないのが現実ですよね。人事というと、何か暗くて、堅くて、近寄りがたいイメージがあります。評価に関与しているだけに、現場からは警戒されているというか、はっきり言って、よく思われていない。制度やルールにやたらとうるさくて、人事に呼ばれたらたいてい悪い話だろう、などと思われているように感じます。

―― たしかに、人事が社内でそう見られているケースは少なくありません。

「見られている」というよりも、自分たちでそういうふうに「見せてしまっている」ところもあるのではないでしょうか。私には、日本の企業社会の中で人事という仕事を一番過小評価し、ネガティブに捉えているのは、ほかならぬ人事自身であるように思えてなりません。もちろん、誇りをもって前向きに活躍されている人事リーダーや人事パーソンの方も、最近は着実に増えていますが。

本来、会社という組織の中で、私たち人事は社員に、そして経営陣に一番近い存在です。その人事のあり方や言動が、現場とマネジメント、双方に大きな影響力をもたないはずがありません。例えば、人事施策について社員から質問やクレームを受けたとき、あるいは経営陣から提言を求められたとき、人事が最初にどんなひと言をどんなあり方で発するかによって、相手の印象は変わり、ひいてはマインドセットも変わります。社員や経営陣のマインドセットが変われば会社が変わり、会社が変われば社会が変わる。世界を人事から変えられるとしたら、こんなに面白くてやりがいのある仕事はないでしょう。

―― 人事は人に働きかける仕事ですから、たしかに「言葉の力」は大切ですね。

本当にそうなんです。例えば、誰かに会社の制度について質問されたら、人事としてはその問いに的確かつ丁寧に答えることが求められますが、それだけではいけないと私はチームのみんなに言い続けています。相手はなぜ、それを知ろうとしているのか。本当は別の問題や悩みを抱えているのかもしれないし、もしかしたらその制度に疑問や不満を感じているのかもしれません。質問の背景にある相手のニーズを考え、そこまでくみ取れるような問いかけや応対をすることで、私たちにも貴重な気づきが得られるのです。人事に限らず、人に働きかける組織のリーダーにとって「言葉の力」は本当に大切だと思いますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

奥田浩美さん:
「共感」「共創」の時代
社員が戦略的・創造的な働き方をするために人事は何をすべきか(後編)
自分の仕事を通して、社会に何かを創造したい――。その想いを叶えるために、さまざまなプロジェクトを動かしている奥田浩美さん。起業家支援にも携わる奥田さんですが「全...
2017/06/26掲載
奥田浩美さん:
「共感」「共創」の時代
社員が戦略的・創造的な働き方をするために人事は何をすべきか(前編)
起業家、ITイベントプロデューサー、高齢者との共同製品開発など、多数の肩書きを持つ奥田浩美さん。インドの大学院で社会福祉を学び、帰国後は「ITが普及すれば世界が...
2017/06/19掲載
田中研之輔さん:
見えにくいけれど大切なものを見えるようにする社会学的視点
組織を変えたい人事のための「組織エスノグラフィー」入門(後編)
「組織エスノグラフィー」――インタビューの前編では、この聞き慣れない言葉が人事の領域にどう関わってくるのか、法政大学キャリアデザイン学部准教授の田中研之輔先生に...
2017/05/22掲載

関連する記事

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載となりの人事部
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(前編)
グローバルレベルで繰り広げられる厳しいビジネス競争に打ち勝つために、多くの企業が新卒採用に力を注いでいます。大手広告会社のアサツー ディ・ケイでは、従来からの採...
2017/02/06掲載となりの人事部
働き方改革特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
<アンケートのお願い>メンター制度に関するアンケート

注目コンテンツ


働き方改革特集

長時間労働の是正、労働生産性の向上など、実務に役立つサービス・セミナー情報をお届けします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~
new

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...