企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアワード2016」受賞者インタビュー

人事は世の中でもっとも面白い仕事
注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(前編)

島田 由香さん
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事は経営の根幹に直結する――自分と自分の仕事にもっと自信を!

―― そうした人事からの発信によって社員や経営陣のマインドセットが変わり、ひいては会社が、社会が変わっていくというプロセスを実現するためには、人事そのものも変わらなくてはいけません。どんなことを心がければいいのでしょうか。

「人事は世の中でもっとも面白い仕事なんだ、素晴らしい仕事なんだ」という誇りを持っている人が、人事の中にどれだけいるか。やはり、それが一番重要だと思います。つまらない仕事だとか、組織内の恨まれ役、嫌われ役だなどと卑下しながら日々の業務をこなしていたら、本当にそうなってしまうのではないでしょうか。自分の仕事に、そしてその仕事を担っている自分自身に自信が持てないようでは、変えなければいけない、変わらなければいけないと頭ではわかっていても、結局何も変えられません。失敗するのではないか、批判されるのではないかという恐れが、どうしても先に立ってしまうからです。仕事に誇りを持ち、何があっても、何を言われてもブレない自分を持つこと。人事が本来の影響力を発揮し、組織内で求められる役割を果たすためには、まずそこからでしょう。

―― 人事をはじめ間接部門の仕事は「ちゃんとできて当たり前」と見られたり、経営陣と現場の双方に近いがゆえに板挟みになったり、いろいろと辛い立場でもあります。

たしかに、文句やクレームをもっとも受ける部署かもしれませんね。仕事がうまくいかない人や、会社や上司に不満がある人が、その不満の矛先を「こんなに苦労しているのに、この程度なの?」と、評価や待遇に転嫁してくるケースもあります。そういう意味でも、矢面に立たされやすいのは事実です。でも、私は文句やクレームが入ったら、むしろラッキーだと思うのです。私たち人事の問いかけや引き出し方次第で、その人の本当のニーズがつかめるわけですから。一番良くないのは、社員が何も言わないことです。思いがあっても言ってくれなければ、改善のしようがありません。だから、人事が文句やクレームと向き合わずに、避けたり、適当に受け流したりするのは、とてももったいないと思うのです。

それともう一つ、これも自信のなさの表れかもしれませんが、日本の人事はどこかで、営業などの“花形”と比べて「人事は経営に貢献していない」と、思いこんでいるのではないでしょうか。たしかに私たちは、モノを作ったり、売ったりすることはできません。でも、私はいつも自分のチームにこう言っているんです。人事はものを作れないし、売れないけれど、それらを担う人材を作り、育て、プロモートしている。それはすごいことじゃないかと。人事は経営に貢献していないどころか、経営の根幹に“直結”している――そう考えたら、やはり自信が湧いてきます。こういうことを企業社会に向けてきちんと伝えていけるオピニオンリーダーが、人事の中にもっと増えていったらいいなと思っています。実はいま、組織の垣根を超えた人事リーダーのネットワークづくりに向けて、いろいろと動き始めているところなんです。

島田由香さん ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長

―― 人事仲間のコミュニティーは近年、着実に広がりつつあります。同志がいるというのは、やはり励みになるものですか。

それはもちろん、本当に心強いですね。悩んでいることや困っていることは、みんな同じですから。それをシェアして、共感しあえるだけで力になります。7月からスタートした新制度の「WAA」にも、たくさんのお問い合わせをいただき、これまで計7回説明会を開催したのですが、毎回60~70名、多いときには120名ぐらいの他社の方がご参加くださいました。人事関係者以外の方もたくさんいらっしゃいます。そこで、「WAA」の趣旨に共感する人や興味がある人、自分の会社でもやってみたいという人を募って、「TeamWAA!」を立ち上げたところ、今では250人ぐらいのコミュニティーになっています。「WAA」は会社の内にも外にも開かれた制度であり、私たちは何も隠すつもりはありません。制度の運用について質問を受けたら、こうしたほうがいいですよ、とコンサルティングを行うこともありますが、それがまた私たちの気づきにもつながっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

諸富祥彦さん:
一人の時間がイノベーティブな発想を生む
あえて「孤独」を選ぶ社員が、企業にもたらす効果とは
「孤独」と聞くと、よくないイメージを持つ方は多いかもしれません。しかし、書籍『孤独の達人』の著者であり、明治大学教授の諸富先生は、「孤独は、働く上でも大きな意味...
2019/03/11掲載
失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、カルビーの人事改革とは
『日本の人事部』のインタビューやイベント「HRカンファレンス」にもたびたび登壇するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる、武田雅子さん。長年にわたって株式...
2019/01/30掲載
石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載

関連する記事

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」で企業人事部門 特別賞に輝いた、P&Gジャパン。前編では、「ダイバーシティ&インクルージョン」先進企業である同社が早い時期か...
2017/03/08掲載となりの人事部
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社:
P&Gは「スキル」に着目したプログラムを、なぜ他社に無償で提供するのか?――「ダイバーシティ&インクルージョン啓発プロジェクト」発足の背景と活動内容とは(前編)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社は、25年前という早い段階からダイバーシティを推進してきた、ダイバーシティ先進企業です。「ダイ...
2017/03/01掲載となりの人事部
島田由香さん:
人事は世の中でもっとも面白い仕事 注目の新制度「WAA」に込めた、
人と組織への熱く深い思いとは(後編)
日本の人事部「HRアワード2016」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香さん。働く場所...
2017/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)
「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ。クライアントの成長に貢献し続ける企業姿勢...
2017/02/13掲載となりの人事部
株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(前編)
グローバルレベルで繰り広げられる厳しいビジネス競争に打ち勝つために、多くの企業が新卒採用に力を注いでいます。大手広告会社のアサツー ディ・ケイでは、従来からの採...
2017/02/06掲載となりの人事部
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...