無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ビジネストランスフォーメーションにおける人事の役割

マーサージャパン M&Aアドバイザリーサービス部門 プリンシパル 柴山 典央氏

ビジネストランスフォーメーションにおける人事の役割

HRにとってのビジネストランスフォーメーション

ビジネストランスフォーメーションとは何か、という答えに対する問いは主体者に応じて種々異なるだろう。そこで、M&Aの文脈で言うところのトランスフォーメーション、「事業再編」に関する興味深い統計データをご紹介したい。下図は、レコフM&Aデータベースにて蓄積されている「事業再編」のワードを含む2000年以降のディールを時系列に並べてみたものである。

図1 : 国内企業による事業再編
図1 : 国内企業による事業再編

出典:レコフM&Aデータベース

「事業再編」には、子会社取得や分社・分割を含めた買収も含まれているが、興味深いことに2008年~2009年を頂点として事業再編を起点とした案件数が減少に転じており、近年は10件程度に留まっている。

確かに、経済危機を機に、M&Aを中心とした大きな投資はしづらくなった面はあるが、近年においてもそれが復調していないとは思えない。レコフM&Aデータベースは、公開データをデータソースとしているため、どうやら2008年~2009年を前後して、「事業再編」というキーワードそのものが使われにくくなったのではないかと推察される。

このように「事業再編」あるいは「ビジネストランスフォーメーション」というキーワードは定義が曖昧であり、使う主体者によって意味合いが異なり、それは時代と共に変わることもあり得る。ビジネストランスフォーメーションという言葉には、合併、分社、デジタル化など企業や事業にとって大きな変化をもたらすものが含まれることが考えられる。

ここで視点をHRに移してみると、事業に対してこうした大きな変化が起きる際に、HRとして貢献できる部分はほぼ共通していると考えられる。それは、人事制度・処遇条件・オペレーション・人事情報システムあるいはカルチャーの統合、個社・個々の事業での最適化、それに伴った人員最適化などだ。おそらくビジネストランスフォーメーションをどのように定義しても、HRとしての貢献は大きく変わらないのではないか。

本稿では、ビジネストランスフォーメーションにおいて人事がビジネスにどのような貢献ができるか、およびその課題について論じたい。

グローバル企業におけるビジネストランスフォーメーションのトレンド

前述の通り、事業再編・ビジネストランスフォーメーションの定義は、株式取得・事業譲渡といった法的なトランザクションストラクチャーと異なり、確たる統計が取りづらい分野である。また、ハードウェアとなる組織や法人の統廃合・分離が起きた場合、HRのトランスフォーメーションがどのように起きているのか外部に露出されにくく、わずかな事例に頼らざるを得ない。

他方で、グローバル企業で起きている大きなトレンドに、既存株主を維持したまま自社を分社し、独立した経営陣によってそれぞれ意思決定を行い、事業運営を行うことが、増え始めている。

図2 : グローバル企業の再編例
図2 : グローバル企業の再編例

直近のグローバル企業の再編例では、既存株主を維持して分社することで本社の意思決定から分離し、独自に最適化した仕組み・運用体制の構築を目指すケースが散見される

特に米国においてはTax free spinoff制度を利用した分社を行っており、日本においても同様なスキームでの分社が目指されたことがある。同スキームの法的・税制的な意味は専門家に譲るが、定性的な見方をすると、分社後の各企業は親会社からの支配から離れ、独自の経営陣によって意思決定を行い、事業の最適化・事業運営が行われることに特徴がある。

これだけでは、やはりHRの目線からは何が行われているのか可視化することはできないが、完全に別会社となるということは、これまで同じ会社として利用してきた人事制度や福利厚生制度、人事情報システム等は原則使えなくなると推察される。通常の子会社売却や資産売却のように、一定期間共通機能はTSA等でつなぐことが予想されるが、いずれは各社が独自の制度や仕組みを導入せざるを得なくなる。

ここからは、あくまで推測ではあるが、おそらくスピンオフの結果誕生した各社は個別の製品販売やサービス提供を行っているため、事業成長に求められる人材、報酬水準、育成方法、カルチャー等全て異なる。そのため、誕生した新会社各社共に、新たな事業戦略に応じて人事制度や医療保険、年金制度を始めとした福利厚生制度、人事情報システムなどを、求める人材マーケットに合わせて刷新していることが想像される。

こうしたビジネストランスフォーメーションに対するHRの役割は、新たな事業戦略に則した、人を通じたトップライン(売上)の成長やボトムライン(コスト)の改善である。具体的には、トップラインの成長は、人材要件の見直し、それに合わせた採用・教育・育成戦略の策定、カルチャー統合あるいはカルチャーアラインメント、人材アセスメントやサクセッションプランニングである。

また、双方に共通となるのが、新たな人材要件にマッチした報酬制度や報酬水準の設定、医療保険を始めとした福利厚生制度の設計である。ボトムラインの改善は、これらを通じたオペレーション統合やベンダー統合、システム統合、人員最適化によるコスト削減である。これらすべてを同時に行わないまでも、一部はグローバルで同時に行っているだろう。

日本企業におけるビジネストランスフォーメーションの課題

日本企業では、法人というハードウェアの観点から上記のようなドラスティックな事業再編あるいはビジネストランスフォーメーションは起きていないのが現実である。一方、HRにおけるビジネストランスフォーメーションは、ハードルは高いものの、ハードウェア上の再編と関係なく実施することは可能だ。

これまで、マーサーの数々の寄稿から同様な課題が挙がっており、読者は食傷気味の可能性があるが、まず日本企業の海外子会社における大きな課題は、併存する複数の制度・オペレーションである。

また、マネジメントの強力なスポンサーシップも必須だ。買収した海外子会社や海外現地法人の担当者を尊重するあまり、単一か国内で複数の制度や仕組みが存在し、統合が進まない例をよく見る。コミュニケーション上、各社必要な人材が異なっており、制度の詳細の理解が進まないまま必要な仕組みなのだと言いくるめられてしまうこともあるだろう。

ビジネストランスフォーメーションに倣った進め方の指針としては、トップダウンから考えていくこと、①事業戦略は何か、②事業戦略上求められる人材要件は何か、これらを起点に考え、現行の制度による部分最適ではなく、事業全体を包括的に見たアプローチで進めていくことができるはずだ。以降の作業工程は膨大であり、気の遠くなる作業であるが、この2点を起点に考えれば、必要な制度や仕組みは自ずと判明していくのではないだろうか。

マーサージャパン株式会社

組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野でサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファーム。全世界約25,000名のスタッフが130ヵ国以上にわたるクライアント企業に対し総合的なソリューションを展開している。
https://www.mercer.co.jp/

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事